2008年11月13日

法然上人腰掛石

 『 法然上人腰掛石 』

  平安末期、法然上人“ ひたすら念仏を唱えれば阿弥陀様によって救われる ” という教えを説き、広く民衆の信仰を集めました。

  ところが、比叡山などの旧仏教勢力から激しい批判を受け、文治2 ( 1186 ) 年、比叡山の僧が法然上人を 勝林院 に呼び出し、その教えに異論を唱えました ( 大原問答 )。

  この大原問答の際に法然上人が腰を掛けたと伝えられる石が勝林院前に残されており、『 法然上人腰掛石 』 と呼ばれています。

地図 : 法然上人腰掛石


同じカテゴリー(八瀬・大原)の記事画像
蓮華寺
瑠璃光院
大原
大原問答
勝林院
呂律が回らない
同じカテゴリー(八瀬・大原)の記事
 蓮華寺 (2011-11-18 12:00)
 瑠璃光院 (2011-11-17 12:00)
 大原 (2011-11-10 12:00)
 大原問答 (2008-10-09 12:00)
 勝林院 (2008-10-08 12:00)
 呂律が回らない (2008-06-24 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)八瀬・大原

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。