2017年04月14日

4/13(木) ≪ 幻想的な紅しだれ桜ライトアップ ≫ in 佛光寺

本日は名古屋で2講演。 午前は中日文化センター、午後はクラブツーリズム名古屋で、偶然、どちらも京都の仏像にまつわる講演でした ( 笑 )

■ 佛光寺 / 公式HP http://www.bukkoji.or.jp/


京都へ帰ってきて、佛光寺前を歩いていると、幻想的な光景が!



佛光寺の紅しだれ桜、すっかり満開です。



明日は東京講演へ。 日帰りです ( 笑 )
  

2017年02月15日

2/13(月)・14(火) ≪ 幕末ウォーク ≫ カルチャー / 京都リビング

月曜&火曜と、2日連続で同じコース、幕末ゆかりの史跡めぐりへ ( 笑 )

神泉苑


坂本龍馬ゆかりの武信稲荷神社を参拝し、その後は勤王志士・平野国臣が最期を迎えた六角獄舎跡などをめぐり、新選組ゆかりの壬生へ。

武信稲荷神社


壬生・新選組屯所跡 八木邸


現在、壬生寺は京の冬の旅で特別公開されています。 とくに注目の初公開は、壬生狂言を演じる狂言堂の内部を見学することができます!



外観を見ただけではわからない、堂内の構造から小道具まで見学することができ、これで今後、壬生狂言を見る際により理解が深まりそうです♪

■ 京の冬の旅・特別公開 : 壬生寺
観光協会・公式HP https://kyokanko.or.jp/huyu2016/huyutabi16_01.html#09
  

Posted by 若村 亮  at 19:32Comments(0)四条から五条へらくたび日記

2016年03月31日

早咲き ≪ 六角堂の枝垂れ桜 ≫

本日は 最高気温22℃ を記録して、春本番暖かさ でした ( 笑 )

六角堂


早咲き枝垂れ桜 は、すでに 満開 です♪



京都も今週末から、いよいよ 桜シーズン突入 です!
  

2011年06月27日

神田明神

 『 神田明神 』

  平安中期の武将・平将門 ( たいらのまさかど ) は、関東で内乱 ( 平将門の乱 ) を起こして一時関東を支配下に置いて新皇を称しましたが、平貞盛や藤原秀郷らに討たれて命を落としました。

  平将門の首京都 に送られて 晒し首 となりましたが、関東を目指して空高く飛び去ったとも伝えられ、東京・大手町には飛んで行った平将門の首が落ちた場所を 首塚 として永く供養しています。

  また、京都・四条西洞院近くに京都・神田明神 が祀られ、ここに 平将門の首が晒された と伝えられています。

地図 : 京都・神田明神

夏の新企画! 2011年7月~9月・毎日曜日の午後実施
らくたびガイド ≪ 京の路地裏めぐり ≫ -第1弾-
祇園祭を受け継ぐ山鉾町めぐりと
 織田信長が最期を遂げた旧本能寺跡
 ★ 散策の詳細は こちら

今週末から開始です! 初回( 7月3日 )は若村も同行します( ガイドは鴨田氏 )。 ぜひ皆さん、3ヵ月の間に一度は路地裏めぐりにご参加ください♪
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2011年06月23日

小町化粧水

 『 小町化粧水 』

  平安前期の女流歌人・小野小町 は、六歌仙三十六歌仙 のひとりに選ばれるなど優れた 恋愛歌 を詠んだことで知られ、また後世になって“ 絶世の美女 ”と称されました。

  かつて小野小町は 四条西洞院 あたりに邸宅を持っていたともいわれ、西洞院の清流にあった井戸を小町が使っていたということから、いつしかその井戸は 『 小町化粧水 』 ( こまちけしょうすい ) と呼ばれ、長く守り伝えられてきました。

  現在、すでに井戸は無くなり、四条西洞院の南東角に石碑を残すのみとなっています。

地図 : 小町化粧水
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2011年04月26日

当道職屋敷跡

 『 当道職屋敷跡 』

  中世以降、平曲 ( へいきょく : 平家物語を琵琶に合わせて曲節をつけて語るもの ) をはじめ、三弦 ( 三味線 )・箏曲 ( 琴曲 )・鍼灸按摩 などに携わる 盲人 により組織された 職能集団当道 ( とうどう ) といい、南北朝時代の 琵琶法師明石覚一 ( あかしかくいち ) が 当道座 と呼ばれる 盲人組織 を確立しました。

  のちに 当道座江戸幕府 から 保護 を受けて 全国的な機関 となりましたが、明治になって 当道制度廃止 されて当道座屋敷も廃されました。

地図 : 当道職屋敷跡
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2010年05月24日

道元禅師

 『 道元禅師 』

  鎌倉初期、『 道元禅師 』 ( どうげんぜんじ ) は中国へ渡って修行を重ね、後に 日本曹洞宗開祖 となりました。

  真の仏道 を求めて修行を重ねた道元禅師は何ひとつ持たず、ただ “ 只管打坐 ” ( しかんたざ : ただひたすらに坐るの意 ) という 坐禅の教え のみを身につけて帰国しました。

  師匠の 「 深山幽谷に住み、真の弟子を育てよ 」 という言葉に基づき、道元禅師は 寛元2 ( 1244 ) 年、永平寺 ( 曹洞宗総本山 : 福井県 ) を開いて多くの弟子を育て、今日に続く曹洞宗の礎を築きました。

地図 : 道元禅師・示寂の地

※ 示寂 ( じじゃく ) : 菩薩や高僧が死ぬこと。入寂。
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2009年11月30日

俊成町

 『 俊成町 』

  平安末期から鎌倉初期の歌人であり、幽玄体 ( ゆうげんたい ) と呼ばれる歌風を確立した 『 藤原俊成 』 ( ふじわらのしゅんぜい ) は、のちに 有心体 ( うしんたい ) と呼ばれる歌風を確立して歌道の頂点を極めた 藤原定家 の父としても知られています。

  藤原俊成の邸宅跡 とされる烏丸松原下ル東側には、藤原俊成の功績を称えて死後に創祀されたという神社・俊成社 があり、あたりの町名も 『 俊成町 』 と名付けられています。

  藤原俊成は、元久元 ( 1204 ) 年 11月30日、90才でこの世を去りました。

地図 : 俊成社
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(1)四条から五条へ

2009年04月04日

阿弥陀佛光寺

 『 阿弥陀佛光寺 』

  四条通の繁華街から少し南へ歩くと、真宗佛光寺派の本山 『 佛光寺 』 ( ぶっこうじ ) の大伽藍が見えてきます。

  建暦2 ( 1212 ) 年、越後に流罪となっていた 親鸞聖人 が一時京都へ戻ってきた際、高弟の源海上人が山科に創建した寺院を起源としています。

  のちに本尊・ 阿弥陀如来像 が盗難に遭いましたが、後醍醐天皇 の夢の中に如来の光が射し、その光をたどって無事に本尊を取り戻すことができたことから、天皇より 「 阿弥陀佛光寺 」 の寺号を賜わったと伝えられています。
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2009年03月27日

高瀬川

 『 高瀬川 』

  京都の繁華街を静かに流れる 『 高瀬川 』 ( たかせがわ ) は、慶長年間 ( 1596~1615年 )、江戸時代初期の豪商 角倉了以 ( すみのくらりょうい ) が 材木物資 の輸送のために開削した 運河 であり、明治頃までは荷物を積んだ 高瀬舟 が往来して賑わいを見せていました。

  昔は舟で運ばれてきた材木を扱う 材木商 が高瀬川沿いに建ち並び、現在も 木屋町木屋町通 という名前にその名残りを感じることができます。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2009年02月28日

五条通

 『 五条通 』

  京都市街地の中央部を東西に貫く 『 五条通 』 は、五条堀川から東へ国道1号線が伸び、西へ国道9号線が伸びるという、主要幹線道路 として整備されています。

  平安京の五条通 は現在の 松原通 にあたり、豊臣秀吉 が五条通を南の 六条坊門小路 の位置に移して現在の五条通となりました。

  その後、太平洋戦争の際に、空襲などによる住宅地の延焼を防ぐ目的などから 強制疎開 が行われ、五条通は拡幅されて現在のような大路となりました。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2009年02月27日

四条通

 『 四条通 』

  東の端に 八坂神社、西の端に 松尾大社 が鎮座する 『 四条通 』 は、今も昔も賑わう京のメインストリートです。

  古くから四条室町は 「 鉾の辻 」 と呼ばれ、ここを中心に祗園祭の山鉾が並び、町衆の夏祭が行われてきました。

  その町衆の楽しみと言えば、四条河原で興行された芸能の数々。 なかでも 出雲阿国 が演じた 「 かぶき踊り 」 は町衆の間で大人気となって賑わい、芝居小屋が所狭しと建ち並びました。 現在は 南座 が京都唯一の歌舞伎劇場として残るのみとなりました。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2008年06月20日

夕顔

 『 夕顔 』

  堺町通松原上る西側に 「 源語伝説 五條辺 夕顔之墳 」 と刻まれた石碑があり、付近の町名を 「 夕顔町 」 といいます。

  『 夕顔 』 ( ゆうがお ) とは、源氏物語54帖のひとつ < 夕顔 > 巻に登場する女性で、頭中将と結ばれましたが本妻の嫉妬を恐れて身を隠し、五条の荒れ果てた家 ( 石碑の立つ地が想定地 ) に住んでいたとされています。

  その後、若き光源氏が夕顔の所に通うようになりましたが、物怪 ( もののけ ) によって急死してしまいました。

地図 : 源語伝説 五條辺 夕顔之墳  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2008年04月04日

佛光寺

 『 佛光寺 』

  四条通の繁華街から少し南へ歩くと、真宗佛光寺派の本山 『 佛光寺 』 ( ぶっこうじ ) の大伽藍が見えてきます。

  建暦2 ( 1212 ) 年、越後に流罪となっていた 親鸞聖人 が一時京都へ戻ってきた際、高弟の源海上人が山科に創建した寺院を起源としています。

  のちに本尊・ 阿弥陀如来像 が盗難に遭いましたが、後醍醐天皇 の夢の中に如来の光が射し、その光をたどって無事に本尊を取り戻すことができたことから、天皇より 「 阿弥陀佛光寺 」 の寺号を賜わったと伝えられています。

『 花まつり in 佛光寺 』  佛光寺
   4月4日(金) ・ 5日(土) 18:00 ~ 21:00
   ライトアップやイベントが行われます
   詳細は こちら へ  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年09月18日

芹沢暗殺

 『 芹沢暗殺 』

  文久3 ( 1863 ) 年 9月18日の深夜、新選組筆頭局長 ・ 芹沢鴨 ( せりざわかも ) は、屯所の八木邸で何者かに寝込みを襲撃されて亡くなりました。

  この芹沢暗殺には、土方歳三沖田総司 など、のちに新選組を率いる近藤派の数名によって実行されたともいわれ、現存する八木邸の柱には当時の激闘を物語る刀傷が深く刻み込まれています。

  一般的な 芹沢鴨の人物像豪傑で無法者 とされていますが、一説には 絵が上手くて子供達からは好かれていた ともいわれています。

地図 : 八木邸  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年09月02日

因幡薬師堂

 『 因幡薬師堂 』

  長い歴史の中には火災や戦火によって焼失し、寺地を転々とした果てに現在地に落ち着いているものが少なくありません。

  また、豊臣秀吉 が市内に点在する寺院を鴨川沿いに集めて 寺町通 を形成した際に、強制的に移転させられたケースもありました。

  そのような歴史の中、平安時代の創建から千年以上も移転することなく現在地にお堂を構え続ける 『 平等寺 』 ( 通称 : 因幡薬師堂 ) は、町衆が集う 町堂 として町衆自身が災禍や権力者から護り続けてきた寺院です。

地図 : 平等寺  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年06月05日

栄西禅師

 『 栄西禅師 』

  座禅 によって悟りを得るとする 『 禅宗 』 ( ぜんしゅう )。

  日本には、臨済 ( りんざい ) 曹洞 ( そうとう ) 黄檗 ( おうばく ) 三禅宗 があり、特に京都は臨済宗の大寺院が数多く存在しています。

  中国より日本へ臨済宗を伝えた僧の 栄西 ( えいさい ) 禅師は、建仁2 ( 1202 ) 年、京都初の禅寺 となる 『 建仁寺 』 ( けんにんじ ) を建立し、中世における京都の禅宗隆盛の礎を築きました。

  建保3 ( 1215 ) 年 6月5日 ( 今日 )、栄西禅師は75歳でこの世を去りました。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年04月29日

因幡薬師

 『 因幡薬師 』

  平等寺 ( 烏丸松原 ) の寺伝によると、本尊の 薬師如来 は約千年前に因幡国 ( いなば : 鳥取県 ) から飛んで来たと伝えられ、以来 “ 因幡薬師 ” と呼ばれ親しまれています。

  本尊の薬師如来は日本三如来のひとつに数えられており、よく見ると、頭に小さな座布団を被 ( かぶ ) っています。

  千年近い長い歴史の中で多くの災禍に見舞われた平等寺では、真っ先に本尊を避難させるために、裏に 車輪の付いた厨子 ( ずし : 仏像を納める箱 ) ごと引っ張り出しました。 その際に厨子の中で仏様が頭を打たないように常に布団を被せて “ 防災ずきん ” としているのです。

地図 : 平等寺  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年04月22日

因幡薬師堂

 『 因幡薬師堂 』

  長い歴史を持つ寺院の中には、度重なる 火災戦火 によって市内を転々とした果てに、現在地に落ち着いているものが少なくありません。

  また、豊臣秀吉 が実施した 区画整理 によって、市内に点在する多くの寺院が鴨川沿いに集められ( 寺町通の形成 )、強制的に移転させられるケースもありました。

  そのような歴史の中で、市内中央にありながら、平安時代の創建から千年以上も移転することなく現在地にお堂を構え続ける 『 平等寺 』 ( 通称 : 因幡薬師堂 ) は、町衆が集う 町堂 として 町衆自身が災難や権力者から護り続けてきた寺院 です。

地図 : 平等寺  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年03月28日

高瀬川

 『 高瀬川 』

  京都の繁華街を静かに流れる 『 高瀬川 』 ( たかせがわ ) は、慶長年間 ( 1596~1615年 )、江戸時代初期の豪商 角倉了以 ( すみのくらりょうい ) が 材木物資 の輸送のために開削した 運河 であり、明治頃までは荷物を積んだ 高瀬舟 が往来して賑わいを見せていました。

  昔は舟で運ばれてきた材木を扱う 材木商 が高瀬川沿いに建ち並び、現在も 木屋町木屋町通 という名前にその名残りを感じることができます。

高瀬川の夜桜ライトアップ
 『 桜と光の帯の高瀬川 』
   3月下旬 ~ 4月上旬 ( 現在のところ、まだ未実施 )
   高瀬川沿いの桜200本が、50基の照明によって
   夜空に浮かび上がります

※投稿した写真は、昨年の写真です。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ

2007年03月22日

鉄輪井

 『 鉄輪井 』

  能の演目 「 鉄輪 」 とは、自分を捨てて新しい女のもとへ走った夫に復讐しようと、頭に 鉄輪 ( かなわ : 三本足が付いた鉄製の輪で、囲炉裏で鍋などの台に用いる ) をのせて 貴船神社丑の刻詣り ( うしのこくまいり ) をした女が鬼になる話しです。

  一説には捨てられた女の家は五条大橋近くにあり、そこから毎夜、貴船へ丑の刻詣りをおこなったが、満願に六日足らず、家の井戸の傍らで息絶えた・・・ と。

  以来、その井戸は 『 鉄輪井 』 ( かなわのい ) と呼ばれ、井戸の水を相手に飲ますと縁が切れる といわれています ( 現在は枯渇 )。

地図 : 鉄輪井  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(2)四条から五条へ

2006年12月14日

菅大臣神社

 『 菅大臣神社 』

  平安前期の学者・政治家として知られる 菅原道真 は、第60代 醍醐天皇 の下で 右大臣 という重要な役職を務めていました。

  しかし、左大臣の 藤原時平讒言 ( ざんげん : 他人を陥れようとして事実を曲げ、偽って悪い様に告げ口をすること ) によって 九州大宰府へ左遷 ( させん : 低い地位や官職にうつること ) され、翌年に大宰府で 非業の死 を遂げました。

  西洞院高辻の 『 菅大臣神社 』 ( かんだいじんじんじゃ ) は、道真公の邸宅があった場所 であり、道真公が生まれた時の産湯に使った水を汲んだという 産湯の井戸 も残っています。

地図 : 菅大臣神社
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)四条から五条へ