2016年06月19日

≪ 紫陽花 ≫ in 梅宮大社・神苑

本日は 梅雨らしい雨の京都。 京都さんぽ が開催されまして、阪急・上桂駅から 地蔵院 ( 竹の寺 )、月読神社松尾大社 とめぐり、最後は 梅宮大社 を参拝してきました。

■ 梅宮大社 ( うめのみやたいしゃ )
公式HP http://www.umenomiya.or.jp/


橘三千代が創建した古社で、平安初期、嵯峨天皇の后・ 檀林皇后子授け・安産 を願ったことから、現在でも 子授け・安産のご利益 で親しまれています。

本殿


社殿の周囲には 神苑 が広がり、2月から3月には香しい が咲く名所として知られ、5月上旬は ツツジ、6月上旬は 花菖蒲、そして現在の6月下旬は 紫陽花 ( あじさい )、睡蓮 などを楽しむことができる、四季の花が咲き誇る素敵な神苑です。

神苑


まさに今、紫陽花が見ごろを迎えていました!





鮮やかな色です~ ( 笑 )



額紫陽花 ( がくあじさい ) です。



こちらは、可憐な花が集まった紫陽花です。



これは珍しい種類の紫陽花ですね。 梅宮大社の神苑には様々な種類の紫陽花が咲き誇り、池の周りを巡りながら、約20~30分の紫陽花めぐりができます。



花菖蒲はほとんど終っていましたが、ちらほら、まだ咲いていました。



散策の途中、時折、雨も止んで、梅雨の京都を感じる散策も無事に終了しました。 ご参加をいただきました皆さま、ありがとうございました。

※ 「 らくたび通信・夏号 」 ですが、発送が遅れています。 今週末には発送を終える予定をしています、ご迷惑をおかけしていますが、もうしばらくお待ちください。 どうぞ、よろしくお願いします。
  

Posted by 若村 亮  at 22:29Comments(0)松尾・桂季節の花・紅葉

2009年05月29日

桂離宮

 『 桂離宮 』

  庭園と建築の完成美をみせる 『 桂離宮 』 ( かつらりきゅう ) は、江戸初期の元和6 ( 1620 ) 年頃から、八条宮家・初代の 智仁 ( としひと ) 親王 によって 八条宮家の別荘 として造営がはじまり、約35年の歳月をかけて八条宮家・2代の 智忠 ( としただ ) 親王 の代に完成したと伝えられています。

  桂川より引き入れた水をたたえる池を中心とし、池の周りに書院や茶屋が見事に配された、庭園と建築の総合芸術 と称されています。

地図 : 桂離宮
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(2)松尾・桂

2008年01月15日

松尾大社

 『 松尾大社 』

  『 松尾大社 』 ( まつのおたいしゃ ) は、大宝元 ( 701 ) 年、秦忌寸都理 ( はたのいみきとり ) が背後の松尾山大杉谷の磐座 ( いわくら ) の神霊を勧請し、現在の場所に社殿を造営したのが始まりと伝えられています。

  平安京遷都後は賀茂社とともに 皇城鎮護の神 として厚い信仰を集め、中世以降は 醸造の神 としても人びとの信仰を集めてきました。

  松尾大社には 重森三玲 氏の作庭による、磐座の庭 ・ 曲水の庭 ・ 蓬莱の庭という昭和の名庭 「 松風苑三庭 」 があります。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)松尾・桂

2007年04月21日

松尾祭

 『 松尾祭 』

  千年の歴史を誇り、洛西一の賑わいとなる春祭りといえば、松尾大社『 松尾祭 』 です。

  松尾大社の神を神輿 ( みこし ) にうつして、氏子達の町内へ迎える 神幸祭 ( じんこうさい ) に始まり、神輿が町内に3週間とどまった後、再び松尾大社へ還る 還幸祭 ( かんこうさい ) へと祭りは続きます。

  神幸祭の 船渡御 ( ふなとぎょ : 川渡り ) は、神輿が船で桂川を渡る圧巻かつ勇壮な祭りとして知られ、また還幸祭は、社殿や神輿が葵の葉で飾られることから 別名 「 葵祭 」 ( あおいまつり ) と呼ばれています。

  葵祭 といえば、賀茂社の賀茂祭 ( 別名が葵祭 ) が広く知られていますが、別名が同じことからも、賀茂社賀茂氏 ) と 松尾社秦氏 ) の深いつながりを感じることができます。

『 神幸祭 』 : 通称、おいで
   4月22日

『 還幸祭 』 : 通称、おかえり
   5月13日

地図 : 松尾大社  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)松尾・桂