2016年10月01日

10/1(土) 京都タワー ≪ ピンクリボン ライトアップ ≫

本日と明日は、乳がん についての理解を呼びかけるシンボルカラーの ピンク色 に、京都タワー も彩られてライトアップされています
 

 
■ 京都タワー
公式HP https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/
    

Posted by 若村 亮  at 22:47Comments(0)京都駅周辺

2016年04月26日

駅弁レポート ≪ たけのこ ごはん と おばんざい ≫ in 京都駅

今日は夕方ギリギリまで 京都オフィスワーク をして、その後、新幹線千葉・津田沼 へ移動しました。 津田沼泊 です。

京都駅


晩ご飯 を! と、駅弁 を買ってみたところ、よく考えたら、昨日、たけのこフルコース をいただいたばっかりでした~ ( 笑 )

たけのこ ごはん と おばんざい


ま~っ、いつも昼に食べたものでも、夜になったら覚えていなくて、同じだろうか何だろうが美味しく食べる性格なので、まったく問題なし!です ( 笑 )



やっぱり、たけのこ美味しい ですね~!
  

Posted by 若村 亮  at 00:56Comments(4)京都駅周辺ディナー東京日記

2016年04月22日

≪ 京都鉄道博物館 内覧会 その6 ≫

最後に、SLスチーム号乗車 してきました! ( 笑 )



ずらりと並ぶ、人の列です。





梅小路公園の南側を走る程度ですので、その走行距離は数百メートルですが、それでも風を感じながらの 汽車の旅、楽しいですね~。



雄々しい煙り を上げる、蒸気機関車 です!



いや~、大満足の内覧会でした。 京都鉄道博物館はいよいよ次週末、4月29日(金祝)オープン となります、ご期待ください ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 15:17Comments(0)京都駅周辺

2016年04月22日

≪ 京都鉄道博物館 内覧会 その5 ≫

レストランのメニューにもなっていましたが、梅小路の車庫 には 扇形の建物機関車 が止まっていて、中央に 転車台 があります!



線路がクルクル回る、珍しい転車台です。



ずらりと並ぶと壮観ですね!



天皇・皇后両陛下 の御乗用として臨時に運転する お召列車ヘットマーク 「 菊 」 が付いています。



京都鉄道博物館・内覧会レポート、まだまだ続きます~ ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 15:10Comments(0)京都駅周辺

2016年04月22日

≪ 京都鉄道博物館 内覧会 その4 ≫

まだ内覧会ですが、一部、レストラン営業開始 していました。



メニューがおもしろい!

梅小路扇形車庫カレー


ドクターイエローオムライス


ミュージアムショップ も、電車っぽい です ( 笑 )



京都鉄道博物館・内覧会レポート、まだまだ続きます~ ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 15:02Comments(0)京都駅周辺

2016年04月22日

≪ 京都鉄道博物館 内覧会 その3 ≫

最上階 には、京都盆地を見渡す スカイテラス が広がっています。



線路の奥に 京都駅京都タワー、右に 東寺・五重塔 が見えます。



鉄道の運行状況 を実際に知らせる パネル があり、それを見ていると・・・



ほんとうに 新幹線 がやってきました!!! ( 笑 )



京都鉄道博物館・内覧会レポート、まだまだ続きます~ ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 14:58Comments(0)京都駅周辺

2016年04月22日

≪ 京都鉄道博物館 内覧会 その2 ≫

館内には様々な 展示スペース があり、こちらには・・・



かつての 食堂車のメニュー や、有名な 駅弁の情報 まで!



北海道森駅 「 いかめし 」 です~♪



こちらは 電車の運転シミュレーション です。



運転の司令室 が再現されています。



時刻表 もずらり!



京都鉄道博物館・内覧会レポート、まだまだ続きます~ ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 14:37Comments(0)京都駅周辺

2016年04月22日

≪ 京都鉄道博物館 内覧会へ ≫

まもなく 4/29(金祝)オープン する話題の 京都鉄道博物館。 本日は内覧会へお伺いさせていただき、ひと足先に見学させていただきました。

■ 京都鉄道博物館
公式HP http://www.kyotorailwaymuseum.jp/


本館1階 には 500系 新幹線 をはじめ、たくさんの車両が並んでいます!



平日の内覧会ということで、ちょうどよい賑わいでした ( 笑 )



DD51-756


車体の下部も見学ができるよう、通路がありました!

EF66-35


こちらは時間によって、運転室に入ることもできるそうです。



なつかしの、トワイライトエクスプレス号 も展示されていました。



場内には 踏切 もあって、時折、カンカンカンカン!と鳴っていました ( 笑 )



京都鉄道博物館・内覧会レポート、まだまだ続きます~ ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 14:19Comments(0)京都駅周辺

2015年12月18日

≪ 大銀杏 ≫ in 西本願寺

西本願寺大銀杏黄色の葉 を散らせて、まもなく冬を迎えます。



銀杏の葉が散って、地面は 黄色い絨毯 のようでした ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 11:08Comments(0)京都駅周辺季節の花・紅葉

2015年10月26日

≪ 三十三間堂 ≫

平安末期、後白河法皇 のために 平清盛 が創建した、壮大な寺院 です。



本日のご案内、最後に拝観した 三十三間堂 でした ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 19:25Comments(0)京都駅周辺

2010年03月11日

綜芸種智院

 『 綜芸種智院 』

  かつて 国家の官僚育成機関 として主に 貴族 を受け入れた教育機関 「 大学寮 」 ( だいがくりょう ) や、地方の役人育成機関 として主に 地方官の子弟 を受け入れた教育機関 「 国学 」 ( こくがく ) が設けられていました。

  しかし、庶民が大学寮や国学で学ぶことはかなり狭き門であり、それを憂いた 空海庶民の教育機関 として平安京の左京九条二坊に 『 綜芸種智院 』 ( しゅげいしゅちいん ) を設立し、儒教・仏教・道教などを総合的に学ぶことのできる教育施設にしたと伝えられています。

地図 : 綜芸種智院跡
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(1)京都駅周辺

2010年03月05日

蓮花門

 『 蓮花門 』

  広大な境内を誇る 東寺 には内外を隔てる六つの門があり、そのうち南西に位置する 『 蓮花門 』 ( れんげもん ) は古く 鎌倉初期 の再建と伝えられ、現在は 国宝 に指定されています。

  平安初期、東寺で民衆の救済に尽力していた 空海 は、高野山で隠棲するために東寺の南西の門をくぐって旅立ったと伝えられています。

  その際、念持仏 として 西院 に祀っていた 不動明王 が門に立って 空海を見送った と伝えられ、その足下には 蓮の花 が咲き誇っていたことから、以来、その門は 『 蓮花門 』 と呼ばれるようになりました。

地図 : 東寺・蓮花門
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(3)京都駅周辺

2010年02月12日

渉成園・雪の灯籠

 『 渉成園・雪の灯籠 』

  慶長7 ( 1602 ) 年、徳川家康 から土地が寄進されて 東本願寺 が成立し、寛永18 ( 1641 ) 年、江戸幕府3代将軍・徳川家光 から東本願寺の東側の土地がさらに寄進され、東本願寺の 別邸 として 『 渉成園 』 ( しょうせいえん ) が造営されました。

  印月池を中心とした広大な園内には灯籠がいくつも据えられ、その中には あたかも雪が灯籠の笠に降り積もった ように刻まれた 石灯籠 なども見られ、渉成園の雅な庭園に趣きを添えています。

地図 : 渉成園
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2009年12月18日

京都国立博物館

 『 京都国立博物館 』

  東山七条にある 『 京都国立博物館 』 は、明治30 ( 1897 ) 年、帝国博物館 として京都を中心とする社寺に伝わる宝物を保護する目的で創設されました。

  その後、昭和27 ( 1952 ) 年に 国立博物館 となり、現在は仏教美術関係を中心に、国宝27件、重要文化財180件 ( 2005年3月現在 )、約1万点に及ぶ所蔵品を有しています。

  また建物自体も、本館 ( フランス・ドリック様式の洋館 : 片山東熊 の設計 ) や 表門 ( 正門 ) などが国の重要文化財に指定されています。
  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2008年12月22日

新選組・不動堂村屯所跡

 『 新選組・不動堂村屯所跡 』

  幕末の京都において、壬生屯所 ( とんしょ ) を構えた 新選組 ( しんせんぐみ ) も、隊士が増えるにつれて手狭となり、西本願寺 の一角を屯所としました。

  しかし、防備が手薄という理由から再移転が検討され、慶応3 ( 1867 ) 年 6月、建設と移転にかかる費用は西本願寺が出して建設された 不動堂村新しい屯所 に移転しました。

  大名屋敷のような広大な屯所でしたが、約半年後には撤退して伏見奉行所へ移ってしまいました。

地図 : 新選組 不動堂村屯所跡 石碑  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2008年06月25日

文子天満宮

 『 文子天満宮 』

  承和12 ( 845 ) 年 6月25日に誕生した 菅原道真 は、宇多・醍醐天皇の治世で優れた政治家として活躍しましたが、九州・大宰府へ左遷されて悲運の死を遂げました。

  菅原道真の乳母・多治比文子 ( たじひのあやこ ) は、邸宅内に道真を祀る祠 ( ほこら ) を建て、その後、道真の神霊は北野天満宮に祀られました。

  そのような歴史から、多治比文子ゆかりの 『 文子 ( あやこ ) 天満宮 』 は、北野天満宮の前身神社 として崇められています。

地図 : 文子天満宮  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2008年05月26日

島原

 『 島原 』

  かつて 『 島原 』 ( しまばら ) は、我が国最初の官許の 花街 として大いに賑わいました。

  幕末、新選組 が屯所を構えた 壬生 と花街として賑わった 島原 は、南北に徒歩20分ほどと近く、隊士は斬るか斬られるかという死と隣り合わせの隊務の中、ひとときの安らぎを求めて島原へ通いました。

  近藤勇 は深雪 ( みゆき ) 太夫に惚れ込んで身請けし、山南敬助 は恋人・明里 ( あけさと ) と切腹前に窓越しに別れを告げたといわれています。


らくたび文庫 5月新刊、発売中です!
 No.029 らくたび文庫
 『 京の歴史NAVI -動乱の幕末編-
  著者 : 若村 亮  詳細は こちら

  激動の時代・幕末の
    歴史と史跡をめぐる


複雑に絡み合う幕末の歴史をわかりやすく時代順に紐解いて解説し、幕末ゆかりの史跡をエリアマップとともに紹介します。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(2)京都駅周辺

2008年04月26日

東寺

 『 東寺 』

  水に浸した大豆をすりつぶし、水を加えて煮立てて漉 ( こ ) した乳状の液を 「 豆乳 」 ( とうにゅう ) と言い、それを苦汁 ( にがり ) で固めると 「 豆腐 」 ができ、煮立てて表面にできた薄皮をすくい上げると 「 湯葉 」 ( ゆば ) ができます。

  「 湯葉 」 には 『 東寺 』 という別称があり、寺院の東寺で最初に作られたと伝えられています。

  湯葉を用いた揚げ物を 「 東寺揚げ 」、白身魚や野菜などを湯葉で巻いた料理を 「 東寺巻き 」 といい、これらはすべて湯葉を使った料理です。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2008年03月17日

源融と河原院

 『 源融と河原院 』

  平安初期に朝廷に仕えた 『 源融 』 ( みなもとのとおる ) は、もとは 嵯峨天皇の皇子 として生まれ、のちに 「 源 」 の姓 を授けられて 臣籍降下 ( しんせきこうか : 皇族を離れて一般の臣民になること ) し、のちに 左大臣 となりました。

  現在の五条河原町付近に広大な邸宅・ 河原院 を営んだことから 「 河原左大臣 」 とも称されました。

  源融『 源氏物語 』 に登場する 光源氏のモデル ともいわれ、冷皇帝や朱雀院が訪れた光源氏の邸宅・ 六条院 のモデルも、源融の河原院 といわれています。

地図 : 源融・河原院跡 石碑  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2008年02月19日

羅城門

 『 羅城門 』

  平安京の中央を南北に貫く朱雀大路の南端には 『 羅城門 』 ( らじょうもん ) が構えられ、平安京の正門として華麗な都を彩りました。

  しかし、都の衰微とともに次第に荒れ果て、平安中期に暴風雨で倒壊すると二度と壮観な門構えを取り戻すことはありませんでした。

  荒れ果てた羅城門に近づく人は皆無で、その荒廃ぶりは後世に文学や能の題材となり、芥川龍之介『 羅生門 』 では荒れ果てた都で生きる人間心理の極限がありありと描かれています。

  羅城門の歴史は、まさに平安京の栄枯盛衰そのものです。

地図 : 羅城門跡  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2008年01月21日

初弘法

 『 初弘法 』

  宝亀5 ( 774 ) 年、讃岐国 ( 香川県 ) に生まれた 空海 は、15歳で論語・史伝などを学び、18歳で京都の大学に入りました。 しかし大学の勉学に飽き足らず、山林で修行を重ねながら広く仏教の教えを学び、東大寺において正式な僧となりました。

  その後、遣唐使船に乗って中国 ( 唐 ) へ渡って 密教 を学び、帰国して 真言宗 を開きました。

  東寺において毎月21日、縁日 「 弘法さん 」 が催されていますが、一年最初の弘法さんは 『 初弘法 』 ( はつこうぼう ) と呼ばれて賑わいます。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年12月10日

渉成園

 『 渉成園 』

  慶長7 ( 1602 ) 年、徳川家康 から土地が寄進されて 東本願寺 が成立し、寛永18 ( 1641 ) 年、江戸幕府 3代将軍 徳川家光 から東本願寺の東側の土地がさらに寄進され、東本願寺の別邸 として 『 渉成園 』 ( しょうせいえん ) が造営されました。

  渉成園には印月池を中心とする 池泉回遊式庭園 が広がり、承応2 ( 1653 ) 年、当世随一の文化人 石川丈山 によって作庭されたと伝えられています。

  頼山陽は 『 渉成園記 』 の中で園内の十三景を紹介し、その風雅な趣きを讃えています。

地図 : 渉成園  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(2)京都駅周辺

2007年11月22日

東本願寺 『 報恩講 』

 東本願寺 『 報恩講 』

  宗祖の恩に報ずる ために、宗祖の命日やその前後に営む法要 ( 仏事 ) を 『 報恩講 』 ( ほうおんこう ) といいます。

  浄土真宗大谷派大本山の 東本願寺 では、11月21日~28日にかけて、宗祖 親鸞聖人 ( 命日は11月28日 ) の恩を偲ぶ 報恩講 が行なわれます。

  期間中は全国から多くの門信徒が東本願寺を訪れ、親鸞聖人の生涯を描いた書物の拝読や、身体上半身を激しく揺さぶりながら念仏を唱和する 「 板東曲 」 の念仏など、宗門をあげた年間最大の仏事が執り行なわれます。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年11月20日

水吹き銀杏

 『 水吹き銀杏 』

  西本願寺 の境内には、高さ15m、枝周り30m、樹齢300年とも言われる 銀杏 ( いちょう ) の大木があります。

  この銀杏の木には古い伝承が残されており、京の町を焼き尽くした 天明の大火 ( 1788年 ) の際、西本願寺のお堂に炎が燃え移りそうになると、この大きな銀杏から勢いよく水が噴き出し、燃え移る火を消し止めて幸いにもお堂は焼失を免れたと伝えられています。

  それ以来、人びとは西本願寺の銀杏を 『 水吹き銀杏 』 と呼ぶようになりました。  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(4)京都駅周辺

2007年10月17日

左女牛井

 『 左女牛井 』

  『 左女牛井 』 ( さめがい ) は、源氏の京屋敷 として建てられた 六条堀川邸 にあった井戸と伝えられ、現在は堀川通沿いに石碑のみが残されています。

  染井 ( そめのい : 梨木神社境内に現存 )、県井 ( あがたい : 京都御苑内に石碑 ) とともに 京の三名水 のひとつに数えられ、村田珠光 ( むらたじゅこう : 侘び茶の創始者 ) が 室町幕府 8代将軍 足利義政 ( よしまさ ) に茶を献じた際に左女牛井の水を汲み、また 千利休 ( せんのりきゅう : 茶道を大成 ) も愛用したと伝えられています。

地図 : 左女牛井  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年03月17日

本願寺

 『 本願寺 』

  本願寺浄土真宗 ) が歩んできた歴史は、権力者や他宗教との戦いの連続でした。

  都を追われ、北陸を中心に各地を転々としたのち、大坂に移って 石山本願寺 となりました。 戦国時代には天下統一へ突き進む 織田信長 と 11年間にも及ぶ 石山合戦 を繰り広げ、天正8 ( 1580 ) 年 3月17日 ( 今日 )、天皇の仲介による和睦によって大阪から退去、のちに現在の京都へ移りました。

  西本願寺 に見ることができる お堀太鼓楼 ( 見張り櫓 ) などの 城郭風寺院建築 は、まさに 本願寺が歩んできた戦いの歴史が刻まれた遺構 です。

地図 : 西本願寺  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年02月19日

平安京の栄枯盛衰

 『 平安京の栄枯盛衰 』

  平安京の中央を南北に貫く朱雀大路 ( すざくおおじ ) の南端には 『 羅城門 』 ( らじょうもん ) が構えられ、平安京の正門として華麗な都を彩りました。

  しかし、都の衰微と共に次第に荒れ果て、平安中期に暴風雨で倒壊すると二度と壮観な門構えを取り戻すことはありませんでした。

  荒れ果てた羅城門に近づく人は皆無で、その荒廃ぶりは後の世に文学や能の題材となり、芥川龍之介「 羅生門 」 では荒れ果てた都で生きる人間心理の極限がありありと描かれています。

  羅城門の歴史 はまさに 平安京の栄枯盛衰 そのものです。

地図 : 羅城門跡  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年02月07日

日暮門

 『 日暮門 』

  唐破風 ( からはふ : 中央部が弓形で、左右両端が反りかえった曲線状の優美な形の屋根 ) を持つ門のことを 『 唐門 』 ( からもん ) といいます。 西本願寺の唐門は、大徳寺や豊国神社の唐門とともに安土桃山時代を代表する唐門です。

  優美な唐破風を付けた四脚門で、御影堂門として建立された後、元和4 ( 1618 ) 年、境内南の現在地に移築されたと伝えられ、一説には 伏見城の遺構 とも伝えられています。

  唐門の豪華な装飾は一日中見ても見飽きないことから、別名 『 日暮門 』 ( ひぐらしもん ) ともいわれています。

地図 : 西本願寺  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年01月28日

京都タワー

 『 京都タワー 』

  京都の玄関口に立つ 京都タワー は、昭和39 ( 1964 ) 年12月、海がない京都の街を照らす 灯台 をイメージして建設されました。

  京都大学棚橋教授 が構造計算を担当した京都タワーの塔身は、東京タワーのような近代的な鉄骨型ではなく、白く優美な 円筒型 をしています。

  その姿から “ お東さんのろうそく ” ( すぐ近くの東本願寺のろうそく、という意味 ) とも呼ばれて親しまれてきました。

  現在、京都タワーは15年ぶりの化粧直しに入り、5月には夜景が楽しめるバーカウンターを備えたラウンジが新しく誕生します。

※ “ 灯台下暗し ” といいますが、まさにその通り、まだ京都タワーの展望台に行ったことがありません。 残された聖地という感じになっています、笑。

地図 : 京都タワー  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺

2007年01月22日

東寺の長者

 『 東寺の長者 』

  東寺 における 最高位の僧侶 で、最高管理者『 長者 』 ( ちょうじゃ ) といいます。

  長者の位は 弘法大師空海御遺告 ( ごゆいごう : 空海が入定 ( にゅうじょう : 死 ) の6日前に残した25箇条にわたる遺言 ) によって設置され、かつては 天皇の勅命 ( 命令 ) によって任命される官職 ( これを 「 勅任 」 という ) でした。

  初めは1人が任命されましたが、のちに 一ノ長者 から 四ノ長者 までの4人となりました。 また、長者に選ばれる僧侶は、仁和寺大覚寺醍醐寺三宝院の門跡 ( 住職 ) から選ばれるのが慣習となりました。

  

Posted by 若村 亮  at 12:00Comments(0)京都駅周辺