2012年11月22日

実相院

 『 実相院 』

  洛北・岩倉 『 実相院 』 ( じっそういん ) は、寛喜元 ( 1229 ) 年、僧・静基 ( じょうき ) によって洛北・紫野 に創建されました。 古くは 天台宗寺門派 ( 三井寺を総本山とする天台宗の一派 ) に属し ( 現在は単立 )、紫野から京都御所の近くに移転し、その後、室町後期に応仁の乱の戦火を避けて現在地の岩倉に移転したと伝えられています。

  江戸中期、第112代・霊元天皇養子義周 ( ぎしゅう ) 法親王 が入寺して 門跡寺院 となり、御所の旧殿を賜るなど 岩倉門跡岩倉御殿 と称される格式高い歴史を受け継いでいます。

  秋・紅葉の頃、客殿・滝ノ間の床に紅葉の赤が映り込む絶景・床もみじ で知られています。


同じカテゴリー(京都コラム)の記事画像
8/27(土)開催予定 ≪ 京の名水で一服 ≫ in らくたび京町家
祇園祭・無言詣
祇園祭・神幸祭
祇園祭・前祭の山鉾巡行
きゅうりを食べない
祇園祭・前祭の宵山
同じカテゴリー(京都コラム)の記事
 8/27(土)開催予定 ≪ 京の名水で一服 ≫ in らくたび京町家 (2016-08-22 16:08)
 祇園祭・無言詣 (2016-07-18 12:00)
 祇園祭・神幸祭 (2016-07-17 12:00)
 祇園祭・前祭の山鉾巡行 (2016-07-16 12:00)
 きゅうりを食べない (2016-07-15 12:00)
 祇園祭・前祭の宵山 (2016-07-14 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)京都コラム

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。