2008年09月08日

重陽

 『 重陽 』

  古くから中国では 奇数は良いことを表す 「 陽数 」 とされ、暦の上で陽数が連なる日は特に大切な日とされてきました。

  これが五節句の1月7日 「 人日 」 ( じんじつ )、3月3日 「 上巳 」 ( じょうし )、5月5日 「 端午 」 ( たんご )、7月7日 「 七夕 」 ( しちせき )、9月9日 「 重陽 」 ( ちょうよう ) です。

  重陽の節句 は、最も極まった陽数 「 9 」 が重なる日、つまり重陽の日であり、菊の露を飲んで不老長寿を得た という中国の故事にちなみ、菊を愛で、菊の歌を詠み、菊酒を飲む 「 菊の節句 」 です。


同じカテゴリー(言葉コラム)の記事画像
滅法
四親王家
仮名
睦月
京野菜
玄関
同じカテゴリー(言葉コラム)の記事
 滅法 (2012-05-23 12:00)
 四親王家 (2012-02-19 12:00)
 仮名 (2012-02-05 12:00)
 睦月 (2012-01-05 12:00)
 京野菜 (2011-12-19 12:00)
 玄関 (2011-11-05 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)言葉コラム

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。