2015年06月28日

四季の味めぐり講座 ≪ 伏見の料亭 魚三楼 ≫

梅雨の晴れ間 となった本日、毎月第4日曜日 に行う らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、名水が湧く 伏見 を訪ねて、料亭・魚三楼 ( うおさぶろう ) で美味しい 京料理 をいただいて、御香宮神社油掛地蔵 などを参拝して、最後は酒処・伏見に建つ 月桂冠・大倉記念館 へ行ってきました!

■ 伏見の料亭 魚三楼
公式HP http://www.uosaburo.com/


幕末、薩摩を中心とする 明治新政府軍 と、伏見奉行所に陣取った 旧幕府軍激戦 が繰り広げられた 伏見の地 でもあり、料亭・魚三楼表格子 にも 銃弾の痕 が刻まれています。

弾痕


さて、八寸の中では 鰻八幡巻 がかなり美味しかったです~ ( 笑 )

八寸 鱧寿司 鯛昆布〆とろろ掛たたきおくら 鰻八幡巻 白ずいき胡麻和へ 枝豆


先付け 玉子豆腐 胡瓜昆布〆 生雲丹 梅肉 山葵


いよいよ、( はも ) の 季節 ですね~。

造り 鯛 鱧落し 横輪 あしらい一式


こちらも、鱧の椀物 です!

御椀 鱧葛打き じゅんさい つる菜 柚子


さらに、 といえば、 ( あゆ )!

焼肴 鮎塩焼 青梅 新蓮根


そうそう、加茂茄子夏の味覚 ですね。

焚合せ 加茂茄子 伊佐木 三度豆


油物 車海老 鱚 万願寺唐辛子 アスパラ 椎茸 米粉揚げ


鯛御飯 赤出汁 香の物


水物 西瓜 メロン マンゴー


いや~、夏の到来 を感じさせる、素晴らしい 京料理 の数々でした!!

■ 月桂冠・大倉記念館 ( 大倉家本宅 )
公式HP http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/index.html


最後は 月桂冠・大倉記念館 を見学して解散となりました。

さて、いよいよ次回 7月味めぐり講座 は、2007年4月に始まってから 8年 かけて 第100回目開催 となりますので、記念講座 として 美山荘 へお伺いする予定です、こう、ご期待ください!
  

Posted by 若村 亮  at 22:58Comments(2)京料理

2015年06月03日

5/24(日) 味めぐり ≪ 京料理 かじ ≫

初夏 のような 陽気 となった5月下旬、毎月第4日曜日 に行う らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、京料理 「 かじ 」で美味しい 京料理 をいただいて、琳派400年 を記念した 特別展 を開催している 樂美術館 を訪ねてきました!

■ 京料理 かじ 公式HP http://www.kyoto-kaji.jp/


あの “ 料理の鉄人 ” で勝負を繰り広げた 京都の鉄人 こと 梶さん が生み出す 本格京料理 は、多くのファンに愛され続けています。



菖蒲の節句 にちなんで、鎧兜の器 です。

前菜 鯉洗い 酢味噌 金針采


前菜 トマト白ワインゼリー掛 大和芋とろろ 鰹酒盗 鯛柏葉寿司
鯛子 鯛白子 花山椒 ゼリー寄せ 鱧南蛮漬け 螢烏賊黄身酢掛け


先付 鮑旨煮 土佐酢ゼリー掛・針ラディシュ


うわ~っ、これは最高の料理です。 のど黒、美味しい~!

椀盛 四万十海苔真蒸 のど黒 白木耳 蕨餅 槍人参 蔓菜 花柚


ボリュームが・・・満点です ( 笑 )

造り 時期の物 ヒマラヤ岩塩 ちり酢 醤油


こちらは創作的な一品です~♪

揚げ物 さざえ 筍のコキール 賀茂茄子 万願寺唐辛子 ポン酢餡かけ


中鉢 うすいエンドウ豆 豆腐胡麻餡かけ 新じゅんさい


炊合せ 甘鯛小鍋仕立て 新子芋 アスパラ白緑 管牛蒡 絹さや


ご飯 皐月鱒御飯 赤出汁 香物


ヨモギアイス、これも斬新ですが、スッキリして美味しかったです。

水物 ヨモギアイスクリーム 苺ヨーグルトムース みかん泡 紫花豆 苺


鉄人・梶さん記念写真 を~ ( 笑 )



美味しい京料理、ありがとうございました!
  

Posted by 若村 亮  at 23:05Comments(0)京料理

2015年06月03日

5/18(月) ≪ 爽やかな京料理に舌鼓 ♪ ≫ in HANA吉兆

もう半月も経過してしまいましたが、月に一度の KBS京都ラジオ 「 ほっかほかラジオ 」 リスナーの皆さんと四季の京都を巡り、美味しい昼食をいただく 散策企画 「 おき・らくたび 」 が開催されまして、新緑 が美しい 東福寺・通天橋 や、迫力ある 不動明王像 を祀る 同聚院 ( どうじゅいん ) などを巡り、昼食 は名店・HANA吉兆 で美味しい 京料理 をいただきました♪

■ HANA吉兆 : 公式HP http://www.kitcho.com/kyoto/shoplist/hana/












美味しい京料理をいただいた後、美しい 新緑 に包まれる 東福寺 へ。
  

Posted by 若村 亮  at 20:41Comments(0)京料理

2015年04月29日

≪ 春の旬を味わう “ たけのこ ” ≫ in 京料理 二傳

初夏の陽気の中、本日は 京都さんぽ として 春の旬の食材 “ たけのこ ” を味わう企画が開催されまして、京料理・二傳 さんへお伺いしました。

新春1月 に同じく 京料理・二傳 さんで “ 日本酒 ” をいただく企画を開催しまして、その際にぜひ 四季折々の食事会をしましょう! というご提案を多くいただきまして、“ たけのこ ” “ 鱧 ( はも ) “ まつたけ ”冬の新春“ 日本酒 ” で企画を進めることになり、今日が 春の “ たけのこ ” の食事会 ということでした。

■ 京料理 二傳 公式HP http://www.niden.jp/


八寸 さより小袖寿司 筍抹茶和え 鯛松風 的鳥貝胡瓜巻 空豆 矢長芋


筍抹茶和え、これは初めて食べますが、大ヒット、美味しかった~ ( 笑 )



口取 白子豆腐 ポン酢 薬味


今回も料理に合う美味しい 日本酒 をずらりとご用意いただきました~♪



嵐山の上流の蔵 「 丹山酒蔵 」 の日本酒 “ ジャポン ” をいただきました。

■ 丹山酒蔵 「 ジャポン 」 
公式HP https://www.oneline-shop.com/100002/products/detail.php?product_id=47


まるで シャンパン を想わすような 微発砲の日本酒爽やか ~ ( 笑 )



向付 筍造り きす姫皮まぶし あしらい一式


筍のお造り、やわらかく、美味しいです~。



煮物椀 鱧葛たたき 筍真蒸 花柚 わらび


焼物 筍豆腐 二色田楽焼き はじかみ生姜 あしらい


定番 ですが、やはり 焚き合わせ が一番いいですね。

焚合せ 若竹煮


油物 筍 茶扇茄子 たら芽 木の芽おろし 天だし


御飯 筍ごはん


水物 デコポン イチゴ


ふぅ~、お腹はいっぱいに、春の旬 “ たけのこ ”満喫 しました!

さて、次回は 夏の味覚 “ 鱧 ” ですね、次号 「 らくたび通信・夏号 」 の中の企画として実施しますので、こうご期待ください!

  

Posted by 若村 亮  at 17:30Comments(0)京料理

2015年03月24日

≪ 京料理 吉泉 ≫

春の陽気 となった先日の日曜日は、毎月第4日曜日 に行う らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、京料理 「 吉泉 」 ( きちせん ) で美味しい 京料理 をいただいて、式年遷宮を迎える 下鴨神社 や、御霊信仰から創建された 上御霊神社 を参拝してきました!

■ 京料理 吉泉
公式HP http://www.kichisen-kyoto.com/


雛祭り の季節になりますので、まずは “ 貝合わせ ” の器の先附から。

先附 鮃龍皮巻 菜種浸し いさざ醤油煮 山吹小芋 鯛子旨煮
飯蛸旨煮 蜆生姜煮 網笠柚子 花弁人参 花弁新生姜酢取


向附 ・ 絵の具皿盛込み
鯛 取貝 昆布締め のれそれ 鮪 烏賊胡麻
白髪茗荷 鴨川苔氷室 芽防風 人参 大根 赤万願寺


汁 ・ 清汁仕立 南禅寺豆腐 火取天然帆立 鶯菜 花柚子の香里


中皿 ・ 蒸寿し 銀杏 椎茸 干瓢 人参 おの実


筍の季節、到来です! あま~い若筍でした♪

煮物 ・ 若筍


わっ、ジューっという美味しそうな音とともに、石焼の魚料理 です!

焼物 ・ 桜鱒石焼 アボガド生野菜


なんと、薄いパイナップルの上で、ジュージューと 鱒 ( ます ) が焼き物に。



御飯 能登水雲( もずく ) いくら雑炊 


果物 三宝柑


どれも、ほんとに美味しくいただきました、大満足でした ( 笑 )

さて、毎月開催しています ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 も、次シーズン ( 2015年4月~9月期 ) の 7月講座 でちょうど 100回目 を迎えます。 次シーズンの予定はまもなく、らくたび会員 の皆さまは 封書 でお届けさせていただきますので、どうぞ、新規募集 も受け付けしますので、ご参加ください♪
  

Posted by 若村 亮  at 12:32Comments(0)京料理

2015年03月08日

西陣 ≪ 天ぷら 天喜 ≫

昨日の おき・らくたび では、宝鏡寺・春の特別展 を拝観した後、西陣の名店 「 天ぷら 天喜 」 ( てんき ) で美味しい料理をいただきました。

お椀 カニ真丈 青身 木ノ芽


西陣の 天喜 さんは日本で最初に天ぷら会席を発案したお店として知られ、小鉢から始まって八寸、お椀、向付、天麩羅、炊合せ、御飯、デザートと、たっぷりと美味しい料理をいただきました~♪

天ぷら最高 です! 特に牛蒡が個人的にはお気に入りでした ( 笑 )

天麩羅 車海老 平目 モロッコ隠元 赤芋 牛蒡


炊合せ 蕪蒸し


御飯 筍御飯 香ノ物


大満足の料理をいただきまして、梅が咲く 北野天満宮 へと向いました。

■ 天ぷら 天喜
公式HP http://kyoto-tenki.com/
  

Posted by 若村 亮  at 23:01Comments(0)京料理

2015年02月02日

1/25(日) ≪ 有職料理・萬亀楼 - ② - ≫

式包丁 を拝見し、座敷へ移って美味しい 京料理 をいただきました♪

■ 有職料理・萬亀楼
公式HP http://www.mankamerou.com/


先付 生子みぞれ和え 車海老 厚焼玉子 黒豆 松葉さし 鴨松風


お椀 蛤しんじょう うぐいす菜 のし大根 人参 柚子


お椀をいただくと、蓋と底に、それぞれ “ 富 ”“ 貴 ” の文字が!



お造り 鯛 まぐろ あしらい


冬の味覚 といえば、かぶら蒸し ですね~、あったまる~♪

むし物 かぶら蒸し かに 木茸 穴子 あんかけ


やき物 鰆みそゆうあんやき のし梅酒板挟み すだち


たき合せ 鰤 大根 人参 せり 生姜


この 鯛茶漬け、とっても 美味しかった です!

御飯 鯛茶漬


水物 グレープフルーツ ゼリー


座敷 と 水仙


格式ある歴史を受け継ぐ 式包丁 を拝見して、美味しい 京料理 をいただき、その後は 平安京大極殿跡内裏跡 などの史跡をめぐり、今年最初の味めぐり講座は無事に終わりました!
  

Posted by 若村 亮  at 18:33Comments(0)京料理

2015年02月02日

1/25(日) ≪ 式包丁を受け継ぐ有職料理・萬亀楼へ - ① - ≫

新春味めぐり講座 は、御所 ゆかりの格式高い 生間流 ( いかまりゅう ) の 式包丁 ( しきぼうちょう ) を付け継ぐ西陣の 有職料理・萬亀楼 ( ゆうそくりょうり・まんかめろう ) へお伺いしまして、新春を祝って 式包丁 を披露いただきました!

生間流式包丁 ( 当代30代目 生間正保 氏 )


式庖丁 とは、平安時代から 宮中節会 などの 祝いの日 に執り行われてきた 食の儀式 で、大きな 俎板 に乗せた を、直接に 手を触れず庖丁刀俎箸 で切り分けて めでたい形 を表します。



伊勢二見ヶ浦 をあらわす “ 神厳の鯉 ” です!



神厳の鯉


部屋には江戸初期に 二条城 で催された 饗宴献立 を記した 巻物 も。



新春にふさわしい、厳かなる 式包丁 をじっくりと拝見しました♪
  

Posted by 若村 亮  at 18:10Comments(0)京料理

2014年11月23日

秋の味覚たっぷり~♪ ≪ 嵯峨鳥居本 つたや ≫

さて、愛宕念仏寺の紅葉を愛でた後、ゆるりと歩いて 嵯峨鳥居本 へ。

かつて 愛宕神社参詣 する人びとが往来した 街道 筋にあたり、茶店が建ち並んだ 嵯峨鳥居本 は、今も 風情ある町並み が伝えられています。

嵯峨鳥居本 「 つたや 」


突出 : 胡麻豆腐 白髭葱 生姜


数日前に、嵯峨鳥居本 「 つたや 」 ご主人さんとお話しをさせていただきまして、まだ 松茸 が採れていますよ! とのことで、松茸たっぷりおしながき にさせていただきました ( 笑 )

突出 : 焼松茸 蓮草


御吸物 : 土びん蒸し 松茸 白きくらげ 菊菜 海老


御造里 : 平目 烏賊


御焼物 : 子持鮎塩焼


八寸 : 間人コッペ蟹 銀杏松葉 かます寿し 柿なます


添えられている楓の紅葉が、深まる秋を感じさせてくれました~♪



味わい深い 海老芋 と、絶品の 鮎甘露煮今日一番お気に入りのお料理 でした!

焚合 : 海老芋 麸 鮎甘露煮 小松菜


御飯 : 松茸飯 香の物 赤ダレ若布


もう、これでもか! というくらい、松茸入りご飯 でした ( 笑 )



水物 : ラ・フランス赤ワイン煮 バニラアイス


おしながき


秋の味覚 たっぷりの、美味しい料理 をいただきました!

■ 嵯峨鳥居本 「 つたや 」
公式HP http://ayunoyado-tsutaya.com/
  

Posted by 若村 亮  at 17:58Comments(0)京料理

2014年09月30日

≪ 京料理 瓢樹 ≫

昨日の日曜日は、毎月第4日曜日 に行う らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されて、京料理・懐石 「 瓢樹 」 ( ひょうき ) で美味しい 京料理 をいただいて、京都の町なかに点在する 茶道ゆかりの史跡 を巡ってきました!

■ 京料理・懐石 瓢樹 : 公式HP http://www.kaiseki-hyoki.com/


まずはお茶をいただきまして・・・



「 御献立 」 と書かれた、巻物 のような紙を広げてみると・・・



毛筆で書かれた素敵な “ おしながき ” でした!



先付 半熟玉子 塩煎り銀杏 
串さし ( 板雲丹 焼青唐辛子 子持ち鮎山椒煮 ) など


縁起の良い 「 鶴 」 をデザインした美しい器でした。

御造り身 鯛へぎ作り まぐろ角作り


お椀には、秋の味覚・松茸 がたっぷり入っていました。 香りも最高~♪

御椀 萩花しん丈 松茸


御焚合 海老芋含め煮 引上湯葉 巻あなご煮付


御焼物 秋鮭柚庵漬焼き


抹茶塩 でいただく揚げ物、美味しい~!

御揚げ物 海老衣揚げ さつま芋 青唐辛子


御酢の物 長芋拍子木切り 貝柱焼き目付 花赤貝 鳴門若布 黄身酢


ご飯 赤だし 香物


御水物 メロン ぶどう


坪庭の手水鉢


秋の味覚・松茸 もいただき、初秋の季節を味わう最高の京料理 でした!
  

Posted by 若村 亮  at 02:54Comments(1)京料理

2014年08月26日

≪ 料理旅館 幾松 ≫

一昨日の土曜日は、月に一度の KBS京都ラジオ 「 ほっかほかラジオ 」 リスナーの皆さんと四季の京都を巡り、美味しい昼食をいただく 散策企画 「 おき・らくたび 」 が開催されまして、三条大橋 からスタートして高瀬川に沿った 木屋町界隈 に秘められた 幕末の史跡 を巡り、桂小五郎 ゆかりの 料理旅館・幾松 で美味しい 京料理 をいただきました♪

■ 料理旅館 幾松 : 公式HP http://www.ikumatsu.com/


長州藩志士 として幕末に活躍した 桂小五郎木戸孝允 ) と、桂小五郎が愛した女性・幾松 ゆかり場所として、幕末ファン必見のスポット です。



京料理


ご飯 赤だし 香物


フルーツ


中庭


坂本龍馬 ゆかりの 酢屋 や、新選組 ゆかりの 池田屋騒動跡石碑 を巡り、最後は 島津製作所創業記念館 で理化学の古い実験道具などを見学して、無事に終了しました。

さて、来月の 「 おき・らくたび 」 は 9月17日(水) に開催予定で、初秋の風 に吹かれながら 奥嵯峨祗王寺化野念仏寺 を巡る予定をしていますので、お楽しみに~♪ ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 00:43Comments(0)京料理

2014年08月13日

夏の渓涼床 ≪ しょうざん ≫ 

鷹峯・源光庵 から歩いて 約15分 ほど、広大な リゾート 「 しょうざん 」 があって、涼やかな渓流 を眺める で美味しい 京料理 をいただきました。

■ しょうざん 「 渓涼床 」
公式HP http://www.shozan.co.jp/restaurant/yuka.html


京料理


京料理


渓涼床


川の流れる音蝉の鳴く声 を聞きながら、素敵な時間を過ごしました♪
  

Posted by 若村 亮  at 17:58Comments(0)京料理

2014年07月27日

≪ 涼やかな貴船の川床 ≫

猛暑の昨日から一転、涼やかな朝 を迎えた 京都。 しかし、午前中にスコールのような 激しい雨 に見舞われて、お昼は 貴船の川床 なのに・・・ と思っていましたが、貴船に着く頃にはすっかり 雨も止んで きて、待ちに待った 夏の風物詩貴船の川床 へ行ってきました!

本日は、毎月第4日曜日 に行う らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されて、貴船の川床 「 右源太 」 で美味しい川床料理をいただいて、水の神様を祀る 貴船神社 を参拝してきました。

■ 貴船の川床 「 右源太 」 公式HP http://www.ugenta.co.jp/


先付前菜


お造り


鮎の塩焼き


夏ですね~、つるり~♪ とした美味しい 素麺 でした ( 笑 )



揚物


酢物


ちりめんご飯 赤出汁 香物


川床


ほんと 涼やか で、たっぷり癒された 貴船の川床 での ひととき でした!  

Posted by 若村 亮  at 22:53Comments(0)京料理

2014年07月08日

≪ 大原女弁当 あじさい膳 ≫ in 大原 料理旅館 「 魚山園 」

今日は再び 大原 へ。 京都リビング・カルチャー現地講座 です!

魚山園 ・ あじさい膳


あじさい柄の引き出しには、彩りの料理 がたっぷり詰まっています ( 笑 )





■ 料理旅館 魚山園
公式HP http://www.gyozanen.com/



三千院のすぐそばで、地下鉄・国際会館駅 から 送迎 していただきました。

この後、天台声明の里・大原 を巡り、三千院来迎院 を拝観へ!
  

Posted by 若村 亮  at 17:14Comments(0)京料理

2014年05月31日

≪ 鉄鉢精進料理 ≫ in 大徳寺大慈院 「 泉仙 」

午前中に 詩仙堂 を拝観した後、大徳寺 へと向かい、まずは 腹ごしらえ を ( 笑 )

■ 鉄鉢精進料理 ・ 泉仙 大慈院店


精進料理 は、雲水 ( うんすい : 禅宗の修行僧 ) が 托鉢 ( たくはつ ) で用いる 鉄鉢 ( てっぱつ : 鉄製の鉢 ) を模した漆器に盛られて、食事をいただいた後、すべての器ひとつ に重なって納まります。



ごちそうさまでした ( 笑 )

■ 鉄鉢精進料理 「 泉仙・大慈院店 」
公式HP http://kyoto-izusen.com/html2/restrant_daijiin.html
  

Posted by 若村 亮  at 18:54Comments(0)京料理

2014年05月26日

元・東伏見宮家別邸 ≪ 料理旅館 吉田山荘 ≫

昨日、午後からは 初夏のような暑さ になりましたが、毎月第4日曜日 に行う らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、新緑 が輝く 金戒光明寺真如堂 を巡り、元・東伏見宮家別邸の高い格式を伝える建物を受け継ぐ 料理旅館・吉田山荘 さんへ行ってきました。

■ 料理旅館・吉田山荘
公式HP http://www.yoshidasanso.com/


重厚なる 表門 は、奈良・薬師寺再建 などを手掛けた名棟梁・西岡常一 氏が唯一、京都で手掛けた建築物ということで、本館 建物とともに 登録有形文化財 に指定されています。

吉田山荘の建物は、元・東伏見宮様が京都大学に通われる際に別邸として昭和7年に建造された建物で、戦後に料理旅館として格式高い歴史と建物が受け継がれてきました。



さて、午前中に京阪・神宮丸太町駅から 聖護院門跡須賀神社金戒光明寺 と歩いて巡ってきましたので、すっかりお腹が減ってちょうどいい感じで昼食が始まりました ( 笑 )

前菜 : かぶと海老 蛤南蛮漬け 鮑小倉寄せ 一寸豆
      粽寿司 うすい豆腐 糸蒟蒻明太子和え 


柔らかいメバルと、蕨 ( わらび ) の豆腐は自然の風味満点でした。

御椀 : 目張くず叩き 蕨豆腐 独活


造里 : 鯛 鮪


旧宮家の歴史を受け継ぐ料理旅館ならでは、器も 裏菊 のデザインです。



焚合 : 小芋饅頭 スナップエンドウ おくらあん


小芋饅頭の柔らかさ、とろとろのあんと一緒にいただきました ( 笑 )



焼物 : 太刀魚塩焼 筍山椒煮 酢橘 はじかみ


アボカドのかき揚げ、抹茶塩でいただきまして、これも美味しかったです~。

合肴 : 海老アボカド三つ葉のかき揚げ 青唐 レモン 抹茶塩


留肴 : 蛸洗い はす芋 海ぶどう 針唐辛子 セルフィーユ


御飯 : 山菜新生姜御飯 赤出汁 香の物


水物 : 西瓜 抹茶ムース 餡子


昼食後は、吉田山荘の新緑あふれる 庭園 もゆっくりと散策へ。。。





玄関横の ステンドグラス、とっても素敵なデザインです!



旅館として宿泊もできますが、なかなか京都に住んでいると京都で泊まるということはありませんが、いつか 吉田山荘月夜 にゆっくりとした時間を過ごしてみたいものです ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 13:15Comments(0)京料理

2014年03月26日

≪ 年度末恒例の食事会へ ≫ in 京料理 二傳

昨夜は 京料理・二傳 さんで、年度末の恒例、弊社スタッフと 食事会 へ♪



を迎えて、 ( たけのこ ) が 美味しい季節 になりました ( 笑 )





美味しい 京料理 には、美味しい 日本酒 ですね~。















〆は 筍ご飯。 もちろん、おかわり しました ( 笑 )





たくさん日本酒もいただいて、ほろ酔いの素敵な夜になりました ( 笑 )

■ 京料理 二傳 : 公式HP http://niden.jp/
  

Posted by 若村 亮  at 12:08Comments(0)京料理

2014年03月23日

やっぱり・・・ 美味しい♪ ≪ 京料理 料亭ちもと ≫

御殿雛を見学した後、座敷へ移動して、いよいよ お食事 に♪



八寸 赤貝分葱ぬた和え 常節旨煮
    蓮根サーモン巻 菜花 車海老 一寸豆 橘玉子 桜慈姑


雛祭り にちなんだ 京料理 で、赤貝常節 など 貝類を用いた料理 から始まり、男雛・女雛雛飾り風盛りつけ も素敵な一品でした ( 笑 )



“ 先生もどうですか? ” ということで、白ワイン もいただきながら ( 笑 )

御椀 丸煮仕立 湯葉真薯 大根 三つ葉 柚子


御造里 鯛 鮪 雲丹


シンプルな料理ですが、飯蒸し、食感も良く、とっても美味しかったです!

御凌ぎ 飯蒸し 花弁百合根 煎り玉子 木の芽


これは体が温まる一品で、お味も最高でした!

炊合 甘鯛豆乳鍋 豆腐 水菜 人参 白菜


さて、こちらは見た目は 洋風 ですが、芋を用いた料理。 家庭でもぜひ!ということで、レシピ を紙で配布して教えていただきました♪

里芋や海老芋でも料理できるようで、上にはメレンゲを乗せるなどちょっと手を掛けていますが、これが家庭でもいただければ凄いことですね!

焼物 唐芋田楽 白葱 金柑 針唐辛子 浅葱


揚物 筍木の芽揚げ 鱒おかき揚げ 蕗の薹 たらの芽 赤パプリカ


なんと! 揚げ物温かい ように・・・ との心配りから、木箱 には を入れて下からの熱で揚げ物をいつまでも 温かく保つ工夫 までありました。



豆ごはんおかわり しました ( 笑 )

豆御飯 赤出汁 香の物


水物 メロン マンゴー 苺ムース


鴨川 と、南座 を眺める、四条大橋 のふもと、素敵な料亭 です。



■ 京料理 料亭ちもと
公式HP http://chimoto.jp
催事 「 お雛祭り 」 http://chimoto.jp/event.html
  

Posted by 若村 亮  at 23:29Comments(2)京料理

2014年03月03日

江戸時代創業の老舗料亭 ≪ 京料理 道楽 ≫

今日は 月に一度KBS京都ラジオ 「 ほっかほかラジオ 」 リスナーの皆さんと四季の京都を巡り、美味しい昼食をいただく散策企画 「 おき・らくたび 」 が開催されまして、桃の節句 にまつわる 「 春桃会 」 を執り行う 三十三間堂 や、豊臣秀吉 ゆかりの 方広寺豊国神社 を巡って、京料理・道楽 で美味しい料理をいただきました♪

■ 京料理 道楽 : 公式HP http://www.dourakurou.jp/


玄関 創業当時 からの 赴き深い佇まい です。

座付 : 空也蒸し 葛湯 山葵


造里 : 鯛 帆立 菜種 海苔 わさび


春の味覚、いよいよ “ 筍 ” を味わう季節になってきました ( 笑 )

吸物 : 若竹汁 木の芽


焼物 : 鶏八幡巻


小鉢 : 小松菜おひたし


強肴 : 風呂吹大根 柚子


ちょっと 寒さ が戻ってきましたので、ほくほく大根 は最高の味でした!



御飯 香の物


小物 : 豆乳羹 苺 抹茶ソース


たっぷり2時間くらいかけて、美味しい京料理 をいただきました ( 笑 )



さて、京料理・道楽 で美味しい料理をいただいた後は、豊臣秀吉 ゆかりの 方広寺豊国神社 を参拝して、いよいよ 三十三間堂 へ。

三十三間堂


寺名 「 三十三間堂 」3月3日「 3 3 」 とゆかりがあることから 毎年3月3日 「 春桃会 」 が執り行われ、様々な行事とともに、当日のみ授与される女の子のお守り 「 桃のお守り 」 があることでも知られています。 無事にお守りもゲットして、散策は終了しました。

さて、次回4月 はいよいよ 桜が咲き誇る春爛漫の京都 へ、お楽しみに!

■ らくたび × KBS京都 「 おき・らくたび 」
4/6(日) 金戒光明寺&真如堂 と 料理旅館 「 吉田山荘 」 へ
公式HP ⇒ http://p.tl/De8j
  

Posted by 若村 亮  at 20:40Comments(0)京料理

2014年02月26日

大徳寺御用達 ≪ 精進料理 大徳寺一久 ≫

ここ数日は京都も暖かく、梅の花 も一気にほころび始めました。

その春のような陽気の中、毎月1回現地散策講座 - リビング京都カルチャー倶楽部 - 『 とっておき京さんぽ 』 が開催されまして、紫式部の墓 など紫野界隈の史跡を巡り歩いて、大徳寺一久精進料理 をいただいた後、京の冬の旅特別公開中 の大徳寺塔頭・興臨院 ( こうりんいん ) と 聚光院 ( じゅこういん ) へ行ってきました。

■ 精進料理 大徳寺一久
   公式HP http://www.daitokuji-ikkyu.jp/


大徳寺精進料理縁高盛


身の穢れが祓われるような、美味しい精進料理です ( 笑 )



最後に、お抹茶和菓子 をいただきました。



おっと、和菓子の横に 黒い塊 がひとつ。 これは 大徳寺の名物精進料理 にも欠かせない 「 大徳寺納豆 」 です。 初めて食べる方にとっては 衝撃的な味 かもしれませんので、ゆっくり食べていただきました ( 笑 )

参考 : 大徳寺納豆とは?
      ⇒ http://www.daitokuji-ikkyu.jp/contents/natto.html



さて、毎月開催 されています リビング京都カルチャー倶楽部現地散策講座 ですが、来月 は仏教の祖・お釈迦さまを偲んで、真如堂特別公開 される 大涅槃図 へ。 まもなく申し込み受け付けが終わりますが、京料理・六盛の美味しい料理もご用意しています、ご参加をお待ちしています~!

■ 3/11(火) 特別公開・真如堂の涅槃図と京料理・六盛
公式HP http://www.kyotoliving.co.jp/culture/detail_01.php?id=3694
  

Posted by 若村 亮  at 22:57Comments(0)京料理

2014年02月23日

早春を告げる白梅が咲く ≪ 料理旅館 ・ 白梅 ≫

快晴の日曜日、毎月第4日曜日 に開催する らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、早春 の到来を告げる が門前に美しく咲いている 料理旅館・ 白梅 ( しらうめ ) さんを訪ねてきました。

祇園白川 料理旅館・白梅


美しい 白梅 がお出迎えしてくれました♪



赴き深い素敵な佇まいの料理旅館・白梅で、いよいよお食事を!



2月の献立 は、節分 にちなんだ料理から。 鬼が嫌う ヒイラギ の柚煮が添えられ、“ 福 ” と書かれた には煮た 福豆 が入っていました。

八寸


さらに、3月雛祭り にちなんだ料理も。 蛤の椀物 です。

椀物 : 和合蛤


歯ごたえからも新鮮さを感じる、お造りでした!

向附 : 寒鮃、鮪、あしらい


おっ! 寒い冬 にはやっぱり 鍋物 ですね~。



勢いよく火が鍋を温めて・・・ 蓋を開けるのが待ち遠しい時間です ( 笑 )



冬の味覚、鰤と大根の焚き合わせ。 お出汁もすべていただきました。

焚合 : 丸大根、鰤、針柚子


こちらも京都の冬の味覚ですね、海老芋の田楽 の登場です♪



海老芋 は半分まるまるでしたので、お腹にズッシリの美味しさでした。

焼物 : 海老芋田楽


カリッと揚げた 蟹の湯葉巻、ちょっとお塩を付けて・・・ 最高です!

油物 : 蟹・東寺巻、雪塩


酢物 : 鮒子造り


最後のご飯は、 ( しじみ ) のご飯です。

飯物 : 蜆御飯、止椀、香の物


デザート も充実でした♪

小物 : ぽんかんゼリー


祇園白川沿いの素敵な料理旅館で、2階の座敷から 京情緒あふれる祇園の町並み を見下ろしながらの、素敵な時間を過ごしました。



■ 料理旅館・白梅 : 公式HP http://shiraume-kyoto.jp/


  

Posted by 若村 亮  at 23:30Comments(0)京料理

2014年01月12日

≪ 京料理・二傳 ≫ 日本酒で新年を祝う宴

御金神社を参拝した後、いよいよ宴を催す 京料理・二傳 さんへ!

■ 京料理・二傳 公式HP http://niden.jp


床の間の前には、すでに 京都府下の酒蔵 で生産された 日本酒 が並んでいて、宴の始まりに 若主人・山田さん からもお話しをいただきまして、華やかに 新春を祝う宴 は始まりました。



テーブルの上には お猪口 ( おちょこ ) が並べられ、それぞれ、どこの酒蔵 で造られた、何という銘柄の日本酒 を注ぐ お猪口 か、しっかりと紙に書かれていました。 これは グッドアイデア です♪



まずは 食前酒 から。 シュワシュワとした 米のシャンパン です ( 笑 )

■ 増田德兵衞商店月の桂 大極上中汲にごり酒 本醸造
公式HP http://p.tl/I7TB


さて、お料理もスタートです♪

口取 : ひらめ昆布〆 このわた芋掛け


宴のテーマ「 京料理と日本酒 」 ということで、それぞれの 京料理にピタリ! と合う 日本酒 をオススメとして準備しています。

写真も、京料理と日本酒を合わせて、どうぞ ( 笑 )

八寸 : 子持昆布 蟹旨だしゼリーよせ 小袖寿司 貝柱粕漬け
■ 木下酒造福袋 純米吟醸 / 公式HP http://p.tl/NcNI


向付 : 活ひらめへぎ造り 鮪角造り 烏賊 あしらい一式
■ 齊藤酒造英勲 古都千年 純米大吟醸
公式HP http://p.tl/VuxH


大人数での宴 となりましたので、徳利お猪口 がたくさん必要で、蔵から出してきていただいたものも使わせていただきました!



さてさて、次の日本酒は、佐々木酒造 のお酒です♪

■ 佐々木酒造洛中伝承 古都 純米吟醸 / 公式HP http://p.tl/vu86


佐々木酒造のお酒に合うお料理として・・・、白味噌雑煮 です!

煮物椀 : 白味噌雑煮 - 鯛・鶴子芋・亀甲大根・焼餅・溶き辛子 -


さて、日本酒は最後のひと品へ。

焼物 : まなかつお味噌漬焼 編笠柚子 筆生姜
■ 松本酒造 / 澤屋まつもと 守破離 / 参考HP http://p.tl/uV4Q


これで 日本酒全品種 がひと通り揃って、ずらりと並びました ( 笑 )



ここからは 耐久レース のように、どの日本酒を飲んでも良し!です ( 笑 )

焚合せ : 助子昆布巻 海老芋 菜の花 蓬麩 梅人参 針柚


百合根の白い饅頭 ( 万頭 ) の中に赤い生雲丹が包まれた、紅白を成して新年を祝うこちらのお料理は、最高の美味しさ でした!

蒸物 : 新年の久寿玉 - 百合根万頭 生雲丹鋳込 -


御飯 : 小豆ごはん / 香の物 : 三種盛り


水物 : いちご


いやいや~、仕事なのかどうなのか、わからなくなるような 楽しい宴 は、あっという間に 終わり へ。 すべて合わせると、徳利で何本分くらいの日本酒を昼間から飲んだことになるでしょうか ( 笑 )



京料理・二傳 さんでは、毎年、正月明けのお座席に来られた方には、その年の 干支ゆかりの箸置き を進呈されているそうで、今年の干支 “ 午 ( 馬 ) ” の箸置き をいただきました。

なんと、12年 かけて 12個 を揃えると・・・ 「 なんとまぁぁ~~! 」 というようなことがあるそうで ( あるのかないのか 笑 )、今日の企画は 来年以降も新春の恒例にしましょう! という皆さんからのご要望をいただきまして、無事に新春を祝う宴は幕を閉じました。

ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。 らくたび・若村
  

Posted by 若村 亮  at 21:39Comments(0)京料理

2014年01月08日

正月を祝う雅の宴 ≪ 京料理・清和荘 ≫

今日は 月に一度KBS京都ラジオ 「 ほっかほかラジオ 」 リスナーの皆さんと四季の京都を巡り、美味しいランチをいただく散策企画 「 おき・らくたび 」 が開催されまして、午年招福息災 を願って “ 馬 ” ゆかりの 藤森神社 の参拝と、その後に 商売繁盛 を願って 伏見稲荷大社 を参拝し、京料理 「 清和荘 」正月を祝う雅の京料理 をいただきました♪

まずは 正月に欠かせない縁起物“ 梅 ” ( 産めに通じる子孫繁栄の縁起物 ) と “ 昆布 ” ( 喜ぶに通じる家庭円満や、子生で “ こぶ ” に通じる子孫繁栄の縁起物 ) が入り、一年の 招福息災 を願って 大福茶 ( おおぶくちゃ ) を服することから始まりました!

大福茶


さて、料理は八寸から。 大きな 数の子嬉しい驚き でした♪

八寸


いや~、ただひと言・・・ おいしい~!

煮物椀 : 蛤真丈 どんこ椎茸 鶯菜 胡椒


造里 : 鯛 鮪 紋甲烏賊 より人参 芽紫蘇 山葵醤油


京の冬の味覚 ですね、蕪蒸し で心身ともに “ ほっかほか ” に!

蓋物 : 甘鯛蕪蒸し 銀杏 木耳 三つ葉 百合根 銀餡 山葵


さすが 京料理・清和荘名物 として お土産 にもなっているほどですね、鰤味噌柚庵焼き最高 でした♪

焼物 : 鰤味噌柚庵焼き 菊花大根 編み笠柚子 


さてさて、本日は 七草粥 を食べて 無病息災 を願う 「 七草の節句 」 の日ということで、予約をした際に ご飯七草粥 にしていただけないでしょうか・・・ とお話しさせていただきましたところ、快くお引き受けいただきまして、ここに 七草粥 が登場しました!

七草粥


中に小さな餅もあり、素晴らしい七草の節句を行うことができました。

七草粥


美味しい グレープフルーツゼリー に・・・

水物


こちらも京料理・清和荘の名物として人気が高く、予約してお土産に持ち帰るほどの ・黒糖わらび餅おうす もいただきまして、もう満腹です~!

甘味


玄関前には、伏見の名水 のひとつ 「 清和の井 」 も湧いています。

清和の井


最後に清和荘のご主人からもお話しをいただくなど、ユネスコ無形文化遺産 に登録された 伝統的食文化 “ 和食 ” をたっぷりと堪能しました ( 笑 )



■ 京料理 清和荘
公式HP http://www.seiwasou.com
  

Posted by 若村 亮  at 01:35Comments(0)京料理

2013年12月22日

12/20(金) ≪ 和洋料理 河玄 ≫ in 京都・岩倉

先週末、地下鉄・国際会館から歩いて約15分ほど、岩倉 の静かな住宅街の中に佇む 隠れ家 的な料理屋 『 河玄 』 へお伺いしてきました。

魚料理 : 平目とかぶら


日本料理日本酒 の熱燗、最高 です!

焚き合わせ


・・・ と思えば、お店の 名物・蟹クリームコロッケ や、牛ステーキ が!  が競演する素晴らしい料理をコースで味わうことができる、なんとも素敵なお店でした♪

牛ステーキ


なかなか岩倉で夜を過ごすこともありませんので、食事の後はそのまま岩倉の素敵な バー 「 絹布 」 を訪ねて、ハイボールをいただいてみました。



小雪が舞う、冬らしい寒さの 岩倉の夜 でした。。。
  

Posted by 若村 亮  at 23:40Comments(0)京料理

2013年10月27日

京料理 二傳 ≪ 秋の味覚 “ 松茸 ” を味わう♪ ≫

秋晴れ の下、毎月第4日曜日 に開催する らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、秋の味覚 “ 松茸 ” を味わうために 京料理 二傳 ( にでん ) さんを訪ねてきました♪

口取二種
  焼松茸 法蓮草 酢橘 / 柚豆腐 天盛生雲丹 ラレシ


いきなりの 松茸尽くし、松茸の香りと食感に、爽やかな酢橘、最高です!



朱器に盛られた 秋の味覚。 かます寿司が美味しかったです ( 笑 )

八寸
  かます小袖寿司 萩松風 蟹絹田巻 鱚昆布〆栗粉和え
  吹き寄せ昆布籠入り ( 車海老 栗 銀杏松葉 )


向付 : 活ひらめへぎ造り 車海老おどり 鮪角造り あしらい一式


車海老のプリプリ感に、肉厚の鮪は食べ応えがありました、贅沢~!



待ってました! 秋といえば土瓶蒸し、特注という信楽焼の器で♪

煮物椀 : 鱧・松茸土瓶蒸し


蓋を開けた瞬間の、松茸と出汁の香りは、もう言葉になりません ( 笑 )



焼物 : かます南蛮焼 鼈甲しょうが 筆生姜


柔らかく焚いた蕪 ( かぶら )。 移ろう季節を感じますね。

焚合せ : 菊花蕪射込煮 ( 穴子 車海老 菊菜 占地 銀杏 針柚 )


寒さが増す秋、体が温まりました。 大粒の が美味しかった~( 笑 )

蒸物 : 甘鯛丹波蒸し 菊花あん


御飯 : 松茸ごはん / 香の物 : 三種盛り


松茸ごはんはおかわり自由♪ しかし、すでにお腹はいっぱい ( 笑 )



水物 : 江戸柿 葡萄


最後の最後まで 松茸尽くし! 上用菓子は松茸の形でした。

甘味 : 松茸上用


これほど 松茸堪能 した料理は初めてでした。 深まる秋満喫 する、まさに 秋満載・松茸尽くし京料理 でした♪



■ 京料理 二傳 : 公式HP http://niden.jp/
  

Posted by 若村 亮  at 22:09Comments(0)京料理

2013年09月24日

9/22(日) 味めぐり ≪ 料理旅館 天ぷら 吉川 ≫

晴天の日曜日は、毎月第4日曜日 に開催されています、らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、織田信長 が眠る 本能寺 を参拝して、料理旅館・天ぷら 「 吉川 」 で 絶品天ぷら会席 を堪能しました♪

天ぷら 吉川 : 公式HP http://www.kyoto-yoshikawa.co.jp/


小堀遠州 好みの素敵な 庭園 を眺めるお座敷で料理をいただきました。



まずは先付より。



先付 : 魳昆布〆焼霜 壬生菜 占地 菊花 すたぢ酢のジュレ


向付 : 平目重ね造り 本鮪トロ 剣 穂紫蘇 山葵 莫大


塩でいただく平目のお造り、これは最高でした!



器にも、季節感がたっぷり♪



吸物 : 鱧と占地の真丈 万願寺とうがらし 柚子


次の一品も、まずは器から驚きでした!



横から見ると、丸いボール方の菊模様の見事な器でした!



器の中からは、秋の味覚 「 松茸 」香り が・・・ ( 笑 )

前菜 : 鱧箱寿司 鱧一枚落とし
      焼松茸 水菜 煮おろし和え 車海老 丹波占地の白和え


いよいよ 天ぷら揚げたて を待っています ( 笑 )

特製天つゆ ( おろし・塩・酢 )


車海老


鱧 ・ 南京


蓮根 ・ 粟麩


烏賊紫蘇


次々と、熱々の 天ぷら が出てきましたが、その他にも、茄子茗荷 もあったんですが、思わず食べてしまいまして、写真を撮るのを忘れてしまっていました ( 笑 )

三度豆


こんなに柔らかく煮た は、初めてでした!

冷物 : 蛸柔煮 もぎ茄子揚煮 桂瓜旨煮 振柚子


最後のご飯は、吉川の名物 「 天ぷら茶漬け 」 を!



その場でお茶をかけていただき、ほっかほかの茶漬けです。

天ぷら茶漬け


さらになんとなんと! 鱧雑炊 までサービスで味わうことができました!!

鱧雑炊


水物 : かぼすのムース かぼすのジュレ 巨峰


最後のスイーツまで美味しくいただきました ( 笑 )



庭園


ここ料理旅館・吉川には世界からVIPがやってきて、時には全館貸し切りで宿泊して、天ぷらの料理を堪能するそうです ( 笑 )



なかなか京都に住んでいると、京都の料理旅館に泊まることはありませんが、一度、ゆっくりと和の庭園を眺めながら更けゆく京の夜を料理旅館で味わってみたいものです!
  

Posted by 若村 亮  at 13:17Comments(0)京料理

2013年08月25日

鮎料理 ≪ 平野屋 ≫ - 晩夏の奥嵯峨 -

今日は 毎月第4日曜日 に開催されています、らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、晩夏の奥嵯峨 の風情を楽しみに、鳥居本の 平野屋鮎料理 を堪能して、化野念仏寺祗王寺 を拝観してきました。



奥嵯峨の 鳥居本 は、愛宕神社・一の鳥居 が建つことから地名を “ 鳥居本 ” ( とりいもと ) と呼ばれ、古来、火伏せの神 として厚く信仰された 愛宕神社 ( あたごじんじゃ ) へ参詣する人びとで賑わいました。 夏の鮎料理 で知られる 平野屋 は、約400年前 から鳥居本の 茶屋 として愛されてきた 老舗の料理屋 です。

■ 夏の鮎料理 平野屋 : 公式HP http://www13.ocn.ne.jp/~a0359/


平野屋夏の料理 といえば、なんといっても 「 鮎 」 ( あゆ ) です。

“ おしながき ” も鮎尽くし


ゆばつくり風


漁師 から 天然鮎 を仕入れていて、こちらは 新鮮 ならではの一品です。

鮎造り


鮎の塩焼き はいろいろ食べてきましたが、こんなに熱々でふっくらとした焼き加減の “ 鮎の塩焼き ” は初めて食べました! シンプルな料理ではありますが、さすが平野屋さん、これは 感動の一品 でした ( 笑 )

鮎の塩焼き ( 見た目にはその味わい深さはわかりませんね、笑 )


あゆがゆ


おかゆの中に、鮎がちゃんと入っていました~。

あゆがゆ


炊き合わせ


子持ち の大きな で、じっくり炊き込んだ味わい深い一品でした。

鮎姿炊き ( 骨までほろほろの柔らかさ )


鮎姿炊き は、まさにご飯にぴったり、佃煮のような味わいなので、皆さん、ご飯が出てくるのを待って、一緒に食べていました ( 笑 )

ご飯 お汁 おつけもん


さて、最後は 平野屋名物 “ しんこ ” です、おうす と一緒に。

名物・しんこ おうす


かつて 愛宕神社 へ向かう 参詣者 が鳥居本の 茶屋 で腰掛けて、愛宕名物の甘い “ しんこ ” で鋭気を養って愛宕山へと向かって行ったといわれ、長く 名物 として受け継がれてきました。

名物・しんこ 志んこ


鮎尽くしの料理 で、お腹も満たされて、素敵な夏のひととき になりました。

平野屋


平野屋さんを出る頃にはすっかり雨も止んで、昨夜の嵐山・鵜飼いと同じく、やはり 晴れ男パワー でしょうか ( 笑 ) この後、鳥居本の伝統的な街並みを見ながら 化野念仏寺祗王寺 へと行ってきました。
  

Posted by 若村 亮  at 21:53Comments(0)京料理

2013年07月22日

≪ 祇園祭・郭巨山 「 足洗い 」 ≫ in 料亭・左阿彌

昨夜は、郭巨山足洗い の宴が 料亭・左阿彌 で執り行われました♪

■ 料亭 ・ 左阿彌 : 公式HP http://www.saami.jp/


料亭・左阿彌 は、円山公園 の東側、東山の麓に位置し、小高い建物からは夕陽に照らされる素晴らしい 市街地の風景 が広がっていました!



まだまだ 祇園祭 は、今週 24日花傘巡行還幸祭 などが執り行われるなど重要な神事を控えていますが、今年も 17日山鉾巡行 が無事に終わったことから、「 足洗い 」 として 郭巨山 の関係者一同が集まって 慰労会 が催されました。



絶品の京料理が次々と!!



祇園祭といえば 「 鱧祭 」 ( はもまつり ) ですね、美味しい鱧でした。



夏の味覚のひとつ、鮎の塩焼き も最高でした♪



ツルっとした喉ごしの料理や、冷たい料理など、夏らしい京料理 でした。



そして、もちろん最後に 八坂神社 を参拝して解散となりました。



解散した後、有志で飲み会は深夜まで続き、帰宅は深夜2時でした ( 笑 )
  

Posted by 若村 亮  at 15:43Comments(0)京料理

2013年06月23日

心を尽くした絶品の京料理 ≪ 清和荘 ≫

今日は 毎月第4日曜日 に開催されています、らくたび主催 ≪ 京都の隠れた社寺と四季の味めぐり ≫ 現地散策講座 が開催されまして、欣浄寺 の大仏を参拝した後に、京料理 清和荘 で夏らしい心を尽くした京料理をいただきました♪

■ 京料理 清和荘 公式HP http://www.seiwasou.com/


伏見 といえば 酒処! まずは 伏見酒乾杯 です♪ ( 笑 )



鱧寿司 も絶品でしたが、手前の 雨傘イメージ した は素敵でした!

八寸


雲丹と鮑のジュレ掛け、ひんやり冷たく夏一押しの一品です~。

先付 : 雲丹と鮑のジュレ掛け 胡瓜 花穂紫蘇


あれっ! 昨日の 下鴨茶寮 の一品にもありましたが、やっぱり 6月 といえば 無病息災 を願う伝統行事 「 夏越祓 」 ( なごしのはらい ) と 和菓子 「 水無月 」 ( みなづき ) なので、水無月をイメージした 三角形“ 水無月真丈 ” として登場しました ( 笑 )

椀物 : 水無月真丈 白木耳 順才 口柚子


造り : 鯛 鮪 鱧の梅肉 より人参 山葵醤油


今の時期としては大きめの 鮎の塩焼き、美味しかったです~♪

焼物 : 活鮎炭火焼き はじかみ 青梅


夏の京野菜、賀茂茄子焚き合わせ は、冷やした夏向けの料理になっていました。 さらに、久しぶりに “ 美味しい! ” と思わず声が出た ( にしん ) をいただきました ( 笑 )

焚合 : 賀茂茄子和蘭 万願寺 鰊 百草生姜


さて、続いてはどんな一品が・・・ と期待していると・・・



洋風 を思わすような一品で、これはこれでまた最高の一品でした!

油物 : 京都産もち豚角煮 ペティオニオン トマト 南京 モロッコ隠元


さて、御飯枝豆めし

御飯 : 枝豆めし 赤だし 香の物


水物 も盛りだくさん♪ なんとかギリギリすべてお腹に入りました ( 笑 )

水物 : グレープフルーツゼリー 桜ん坊 南京のケーキ


伏見酒をいただきながら・・・ の美味しい京料理に大満足でした!
  

Posted by 若村 亮  at 21:41Comments(0)京料理

2013年06月22日

≪ 下鴨茶寮 ≫

今日は 月に一度KBS京都ラジオ 「 ほっかほかラジオ 」 リスナーの皆さんと四季の京都を巡り、美味しいランチをいただく散策企画 「 おき・らくたび 」 が開催されまして、新緑に煌めく 糺の森 に鎮座する 下鴨神社 を参拝し、料亭 「 下鴨茶寮 」 で美味しいの京料理をいただきました♪



こちらは 水無月 をイメージした 胡麻豆腐 を使った料理でしょうか、三角形の胡麻豆腐の上に煮た小豆をのせた小鉢の料理でした♪





お吸い物、やっぱり美味しいですね~ ( 笑 )



お~っつと、夏の味覚のひとつ、鮎の塩焼き です、柔らかい~♪



続いては、なんと、虫かご をイメージした器でした ( 笑 )



ふたを取ると・・・、見た目にも鮮やかな美味しい料理の数々です!



お造り


焚き合わせ


八寸


御飯・香物


デザート も女性が喜ぶ、フルーツ から スイーツ まで、ずらり~っ♪



美味しい京料理をいただいた後は、木漏れ日の 糺の森 をぞろぞろと歩いて 下鴨神社 を参拝し、その後に無事に解散して終了しました♪

暑くも寒くもない、散策には最適の一日でした~。

■ 下鴨茶寮 公式HP
http://www.shimogamosaryo.co.jp/
  

Posted by 若村 亮  at 19:19Comments(0)京料理