2009年02月22日

伏見城

 『 伏見城 』

  天正20 ( 1592 ) 年、豊臣秀吉 が自らの居城として 『 伏見城 』 を築城しましたが、慶長元 ( 1596 ) 年の 慶長伏見大地震 によって 倒壊 しました。

  翌年には再建されましたが、秀吉の死後は 徳川家康の預かり となり、関ヶ原の合戦に際して西軍の攻撃を受けて焼失しました。

  後に再建されて再び江戸幕府の支配下に置かれましたが、寛永2 ( 1625 ) 年には城としての重要性が薄れたことから 廃城 となり、建物は二条城や大徳寺などに移築されました。


同じカテゴリー(伏見・桃山)の記事画像
伏見の名水 《  大黒寺 ・ 金運清水 》
3/19(日) 京都さんぽ ≪ 城南宮 枝垂れ梅 ≫
御香宮神社
寺田屋
藤森神社・紫陽花苑
稲荷の狐
同じカテゴリー(伏見・桃山)の記事
 伏見の名水 《 大黒寺 ・ 金運清水 》  (2018-02-13 12:51)
 3/19(日) 京都さんぽ ≪ 城南宮 枝垂れ梅 ≫ (2017-03-19 18:36)
 御香宮神社 (2009-12-09 12:00)
 寺田屋 (2009-12-08 12:00)
 藤森神社・紫陽花苑 (2009-06-12 12:00)
 稲荷の狐 (2009-05-18 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(2)伏見・桃山

この記事へのコメント
伏見城は、豊臣の時代の生き証人として残って欲しかったですね~。関ヶ原の時に西軍に攻められ落城した折に、伏見城を守っていた徳川の重臣鳥居元忠や配下の自刃した廊下が血天井として供養されている、養源院にも行き、血天井を目の当たりにした時、「本当にあったことだったんだ!」と鳥肌が立ちました。
Posted by naoko-ururu at 2011年06月07日 15:41
naoko-ururu さん、こんばんは。
血天井は、歴史を肌身で感じる感覚がありますね(笑) 若村
Posted by 若村 亮若村 亮 at 2011年06月08日 00:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。