2008年08月20日

衣笠山

 『 衣笠山 』

  平安時代のある夏の暑い日の出来事、第59代 宇多天皇 はあまりの暑さにふっと “ 雪見がしたいものだ・・・ ” とつぶやきました。

  それを聞いた天皇の近臣は、さっそく近くの小高い山に 白い衣 ( きぬ : 絹 ) を掛けて、あたかも 夏山に雪が降った ように見せて 天皇の暑さを和らげた、という故事が伝えられています。

  それ以来、その山は 「 きぬかけ山 」 ( 衣掛山 ) と称され、現在は 『 衣笠山 』 ( きぬがさやま ) と呼ばれて親しまれています。

地図 : 衣笠山


同じカテゴリー(花園周辺)の記事画像
4/17(月) ≪ 御室桜、満開です! ≫ in 仁和寺
4/15(土) ≪ 満開の紅しだれ桜 ≫ in 妙心寺塔頭・退蔵院
3/13(月) ≪ 早春の花園めぐり ≫
≪ 珍しい、御衣黄桜 ≫ in 仁和寺
≪ 御室桜、満開! ≫ in 仁和寺
1/18(月) ≪ 京の冬の旅・初公開、真如寺へ ≫
同じカテゴリー(花園周辺)の記事
 4/17(月) ≪ 御室桜、満開です! ≫ in 仁和寺 (2017-04-18 01:56)
 4/15(土) ≪ 満開の紅しだれ桜 ≫ in 妙心寺塔頭・退蔵院 (2017-04-15 18:52)
 3/13(月) ≪ 早春の花園めぐり ≫ (2017-03-13 23:41)
 ≪ 珍しい、御衣黄桜 ≫ in 仁和寺 (2016-04-12 10:15)
 ≪ 御室桜、満開! ≫ in 仁和寺 (2016-04-12 10:08)
 1/18(月) ≪ 京の冬の旅・初公開、真如寺へ ≫ (2016-01-20 01:44)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)花園周辺

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。