2014年12月23日

≪ かぼちゃを食べて “ 無病息災 ” ≫ in 矢田寺・かぼちゃ供養

暦の上では 昨日( 12月22日 ) が 冬至 にあたりました。

冬至 とは 一年で最も昼が短く夜が長い日 であり、古来、一年で最も太陽の力が弱まる日 であることから、太陽の色 である 黄色 の物から “ 陽 ” の力を補って “ 陰 ”邪気を祓う 習わしが伝えられ、黄色の 柚子 を入れた 風呂 に入ったり、かぼちゃ を食べて 無病息災 を願ってきました。

さて、三条寺町の 矢田寺 では、毎年12月23日「 かぼちゃ供養 」 を執り行い、参拝者に 煮炊き した かぼちゃ を振る舞い、無病息災を願う 習わしで、朝10時から執り行われる法要と振る舞いのために寺町商店街には 長蛇の列 ができていました ( 笑 )

寺町商店街


奈良・矢田寺別院 として平安初期に創建された古刹で、人びとの苦しみを代わりに受けてくださる “ 代受苦 ( だいじゅく ) 地蔵 ” を祀り、庶民から厚い信仰を集めてきました。



列を成した人びとは、本堂前で鐘を撞いて 厄除け などを願ってお参りを。



奉納された 巨大かぼちゃ“ 撫でかぼちゃ ” と呼ばれ、参拝に訪れた人びとがかぼちゃを撫でて無病息災を願います。



お賽銭をお供えして、いよいよ、煮炊きされたかぼちゃをいただきます!



無病息災を願いながら、美味しいかぼちゃをいただきました♪



今日は京都さんぽが開催されて、参加者の皆さんとかぼちゃを食べて、その後に サンタマラソン の見学や 三本木の花街跡 などを巡ってきました。


同じカテゴリー(年中行事)の記事画像
≪ デッチーくん、「 重陽の節句 」 をお勉強へ ≫ in らくたび京町家
9/9(日) ≪ 重陽の節句 / 菊の節句 ≫ in らくたび京町家
8/16(木) ≪ 五山の送り火 ≫ - 京の夏の風物詩 -
7/20(金) ≪ 土用餅 ≫
7/13(金) 祇園祭・郭巨山 《  山建て  》
祇園祭・郭巨山 ≪ ちまき作り ≫
同じカテゴリー(年中行事)の記事
 ≪ デッチーくん、「 重陽の節句 」 をお勉強へ ≫ in らくたび京町家 (2018-09-09 18:07)
 9/9(日) ≪ 重陽の節句 / 菊の節句 ≫ in らくたび京町家 (2018-09-09 14:37)
 8/16(木) ≪ 五山の送り火 ≫ - 京の夏の風物詩 - (2018-08-16 22:37)
 7/20(金) ≪ 土用餅 ≫ (2018-07-20 15:29)
 7/13(金) 祇園祭・郭巨山 《 山建て 》 (2018-07-13 10:50)
 祇園祭・郭巨山 ≪ ちまき作り ≫ (2018-07-13 00:26)

Posted by 若村 亮  at 15:27 │Comments(0)年中行事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。