2008年01月15日

松尾大社

 『 松尾大社 』

  『 松尾大社 』 ( まつのおたいしゃ ) は、大宝元 ( 701 ) 年、秦忌寸都理 ( はたのいみきとり ) が背後の松尾山大杉谷の磐座 ( いわくら ) の神霊を勧請し、現在の場所に社殿を造営したのが始まりと伝えられています。

  平安京遷都後は賀茂社とともに 皇城鎮護の神 として厚い信仰を集め、中世以降は 醸造の神 としても人びとの信仰を集めてきました。

  松尾大社には 重森三玲 氏の作庭による、磐座の庭 ・ 曲水の庭 ・ 蓬莱の庭という昭和の名庭 「 松風苑三庭 」 があります。


同じカテゴリー(松尾・桂)の記事画像
≪ 紫陽花 ≫ in 梅宮大社・神苑
桂離宮
松尾祭
同じカテゴリー(松尾・桂)の記事
 ≪ 紫陽花 ≫ in 梅宮大社・神苑 (2016-06-19 22:29)
 桂離宮 (2009-05-29 12:00)
 松尾祭 (2007-04-21 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)松尾・桂

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。