2012年01月04日

新刊発売! らくたび文庫 No.046 ≪ 京都の地酒蔵 ≫

正月三が日、新年を祝して日本酒をたくさん飲まれた方も多いと思いますが、千年の都・京都 には古くから 酒造の伝統 が受け継がれ、伏見をはじめ京都府下の数多くの酒蔵が素晴らしい 地酒 を生み出しています。



本書は 京都府下のほぼすべての酒蔵を網羅 し、普段、なかなか表舞台に出ることのない、 蔵人の酒造りに対する想い や、おすすめ地酒 をたっぷり紹介しています。 京都の地酒がおいしく飲めるお店のガイド も掲載していますので、地酒をより深く味わえること間違いなし! の1冊です♪

らくたび文庫 最新刊
 No.046 らくたび文庫
 『 京都の地酒蔵 』
  詳細は こちら

  作り手の想いが伝わる
      京都の地酒本です。

京都府下のほぼすべての酒蔵を網羅。 蔵人の酒造りに対する想いや、
おすすめ地酒を紹介。 京都のお酒をより深く味わえること1冊です♪

誌面例 : 京都の地酒蔵


誌面例 : 酒造ゆかりの社寺


誌面例 : 京都の地酒が飲めるお店


新春に日本酒は欠かせないもの!
寒い冬に京都の地酒を飲んで、身を清め、心を温めましょう♪
全国の主な書店店頭で好評発売中です、ぜひご愛読ください! 若村


同じカテゴリー(らくたび文庫)の記事画像
らくたび文庫 ≪ 夏の新刊 ≫ いよいよ発売へ!
らくたび文庫・春の新刊、発売開始!
らくたび文庫 9月の新刊
京都穴bar
嵐電ぶらり各駅めぐり
京のお豆腐
同じカテゴリー(らくたび文庫)の記事
 らくたび文庫 ≪ 夏の新刊 ≫ いよいよ発売へ! (2009-07-01 15:00)
 らくたび文庫 (2009-05-18 23:00)
 らくたび文庫・春の新刊、発売開始! (2009-04-07 11:00)
 らくたび文庫 9月の新刊 (2008-09-05 15:12)
 京都穴bar (2007-03-02 19:00)
 嵐電ぶらり各駅めぐり (2007-02-27 19:00)

Posted by 若村 亮  at 00:30 │Comments(2)らくたび文庫

この記事へのコメント
若村さ~~ん、久しぶりのコメントです。

改めまして、

明けまして おめでとうございます~~

新刊が出るんですね。楽しみです。ましてお酒の事となると・・・
昨日は松尾大社に、主人と初詣に行ってきました。1200円で枡酒を飲めるんです。昆布、するめつきです。おかわりは200円。もちろん、おかわりしてきましたよ~~

一度、西の方へも初詣にいらして下さい~~

本は友人に宣伝しておきます~~

今年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by るりたまあざみ at 2012年01月04日 01:30
るりたまあざみさん、明けましておめでとうございます~♪

え~っ、さすが日本第一のお酒の神様、松尾大社ですね、枡酒を飲めて、しかもおかわりまで♪ なかなか西の方へ初詣に行く機会がありませんでしたが、これは一度、お伺いしたいですね! ( お酒に釣られて・・・ 笑 )

こちらこそ、今年もどうぞ、よろしくお願いします。 若村
Posted by 若村 亮若村 亮 at 2012年01月04日 01:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。