2011年11月19日

赤山禅院

 『 赤山禅院 』

  比叡山の西麓、延暦寺の別院 とされる 『 赤山禅院 』 ( せきざんぜんいん ) は、仁和4 ( 888 ) 年、慈覚大師・円仁 ( じかくだいし・えんにん ) の 遺命 によって、天台座主・安慧 ( あんね ) が 天台宗の鎮守神 として 赤山明神 ( せきざんみょうじん ) を祀ったのが始まりと伝えられています。

  赤山明神 陰陽道の祖神 であり、中国の 泰山府君 ( たいざんふくん : 中国・泰山の神 ) のことで、昔から 延命・富貴の神 とされ、とくに 商売繁盛の神 として崇められてきました。 秋は一面、紅葉で彩られることでも知られています。

『 数珠供養 』 赤山禅院
  11/23 ( 水・祝 ) 10:00~


同じカテゴリー(一乗寺・修学院)の記事画像
円通寺
実相院
詩仙堂
曼殊院
曼殊院
詩仙堂
同じカテゴリー(一乗寺・修学院)の記事
 円通寺 (2011-11-23 12:00)
 実相院 (2011-11-22 12:00)
 詩仙堂 (2011-11-21 12:00)
 曼殊院 (2011-11-20 12:00)
 曼殊院 (2009-11-25 12:00)
 詩仙堂 (2009-05-27 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)一乗寺・修学院

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。