2007年05月28日

十輪寺

 『 十輪寺 』

  西山の大原野にたたずむ 『 十輪寺 』 ( じゅうりんじ ) は、平安時代の歌人として知られる 在原業平 ( ありわらのなりひら ) が晩年に隠棲した場所と伝えられ、別名 「 なりひら寺 」 と呼ばれています。

  業平は恋焦がれた 藤原高子 ( ふじはらのたかいこ ) が大原野神社へ参詣した折、貴族が野遊びの一種として好んだ 塩焼き を行い、空高く紫の煙をたなびかせて想いを伝えたといわれています。

  元慶4 ( 880 ) 年 5月28日 ( 今日 )、業平は生涯を閉じ、十輪寺で静かに眠っています。

地図 : 十輪寺


同じカテゴリー(西山・長岡)の記事画像
11/14(火) 秋が深まる ≪ 勝持寺 ≫
京都さんぽ ≪ 乙訓寺の牡丹、光明寺の新緑へ ≫
乙訓寺 ≪ 牡丹 / ぼたん ≫
季節を味わう ≪ たけのこ料理 ≫ in 錦水亭
長岡天満宮 ≪ 霧島躑躅 / きりしまつつじ ≫
善峯寺
同じカテゴリー(西山・長岡)の記事
 11/14(火) 秋が深まる ≪ 勝持寺 ≫ (2017-11-14 23:08)
 京都さんぽ ≪ 乙訓寺の牡丹、光明寺の新緑へ ≫ (2016-04-30 01:59)
 乙訓寺 ≪ 牡丹 / ぼたん ≫ (2016-04-26 00:35)
 季節を味わう ≪ たけのこ料理 ≫ in 錦水亭 (2016-04-25 21:04)
 長岡天満宮 ≪ 霧島躑躅 / きりしまつつじ ≫ (2016-04-25 20:20)
 善峯寺 (2009-09-25 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)西山・長岡

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。