2007年04月29日

因幡薬師

 『 因幡薬師 』

  平等寺 ( 烏丸松原 ) の寺伝によると、本尊の 薬師如来 は約千年前に因幡国 ( いなば : 鳥取県 ) から飛んで来たと伝えられ、以来 “ 因幡薬師 ” と呼ばれ親しまれています。

  本尊の薬師如来は日本三如来のひとつに数えられており、よく見ると、頭に小さな座布団を被 ( かぶ ) っています。

  千年近い長い歴史の中で多くの災禍に見舞われた平等寺では、真っ先に本尊を避難させるために、裏に 車輪の付いた厨子 ( ずし : 仏像を納める箱 ) ごと引っ張り出しました。 その際に厨子の中で仏様が頭を打たないように常に布団を被せて “ 防災ずきん ” としているのです。

地図 : 平等寺


同じカテゴリー(四条から五条へ)の記事画像
4/13(木) ≪ 幻想的な紅しだれ桜ライトアップ ≫ in 佛光寺
2/13(月)・14(火) ≪ 幕末ウォーク ≫ カルチャー / 京都リビング
早咲き ≪ 六角堂の枝垂れ桜 ≫
神田明神
小町化粧水
当道職屋敷跡
同じカテゴリー(四条から五条へ)の記事
 4/13(木) ≪ 幻想的な紅しだれ桜ライトアップ ≫ in 佛光寺 (2017-04-14 00:04)
 2/13(月)・14(火) ≪ 幕末ウォーク ≫ カルチャー / 京都リビング (2017-02-15 19:32)
 早咲き ≪ 六角堂の枝垂れ桜 ≫ (2016-03-31 18:25)
 神田明神 (2011-06-27 12:00)
 小町化粧水 (2011-06-23 12:00)
 当道職屋敷跡 (2011-04-26 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)四条から五条へ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。