2009年11月25日

曼殊院

 『 曼殊院 』

  一乗寺の詩仙堂から約20分ほど山際を歩いていくと、比叡山の麓に 天台宗 の格式ある門跡寺院 『 曼殊院 』 ( まんしゅいん ) があります。

  曼殊院は今から約1200年前、天台宗祖・最澄 が比叡山内の建立した一堂に始まり、江戸前期の明暦2 ( 1656 ) 年、現在地へと移転しました。

  門跡寺院として宮中とのゆかりが深く、大書院小書院襖絵 は主に 狩野探幽 の筆によるもので、また 鶴亀 を配した 名勝庭園 には今、紅葉 が彩りを添えています。


同じカテゴリー(一乗寺・修学院)の記事画像
円通寺
実相院
詩仙堂
曼殊院
赤山禅院
詩仙堂
同じカテゴリー(一乗寺・修学院)の記事
 円通寺 (2011-11-23 12:00)
 実相院 (2011-11-22 12:00)
 詩仙堂 (2011-11-21 12:00)
 曼殊院 (2011-11-20 12:00)
 赤山禅院 (2011-11-19 12:00)
 詩仙堂 (2009-05-27 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(1)一乗寺・修学院

この記事へのコメント
まんしゅ と言うんですね
まんじゅしゃげ もここから来ている名なのでしょうね
Posted by メミコ at 2009年11月25日 14:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。