2009年06月02日

亀屋良長 【 夏の干菓子 】

亀屋良長 【 夏の干菓子 】

山紫水明の京都。
四季折々、季節感をあらわした干菓子。
鮎とうちわが夏を感じさせてくれますね。


亀屋良長・京干菓子 ≪ 山紫水明 ≫



6月に入って、紫陽花が咲いてきました。
紫陽花の語源は、藍色が集まった 集真藍 ( あずさい ) とも伝えられ、
その美しさは平安時代の歌人によってしばしば歌に詠まれてきました。


亀屋良長・季節の干菓子 ≪ 華はな ( 紫陽花 ) ≫



江戸初期の芸術家・本阿弥光悦。
鷹峯に芸術村を創り、稀代の芸術家として美の極みを生み出しました。
光悦寺には竹で組んだ光悦垣があり、光悦垣をイメージしたもなかです。


亀屋良長・京もなか ≪ 光悦 竹もなか ≫



京都の和菓子は季節感がたっぷりです。
見て、味わって、その季節感を楽しんでみてください ( 笑 )



京菓子司 亀屋良長
 【 住所 】 京都市下京区四条堀川東入ル ( 醒ヶ井角 )


同じカテゴリー(らくたび日記)の記事画像
《  青森上空  》
9/17(月祝) 《  大阪・伊丹空港  》
9/14(金) 東京講演  《  清浄歓喜団  》
9/14(金) 東京  《  増上寺  》
9/13(木) 《  三重県  四日市  》
≪ デッチーくん、「 重陽の節句 」 をお勉強へ ≫ in らくたび京町家
同じカテゴリー(らくたび日記)の記事
 《 青森上空 》 (2018-09-17 14:55)
 9/17(月祝) 《 大阪・伊丹空港 》 (2018-09-17 10:18)
 9/14(金) 東京講演 《 清浄歓喜団 》 (2018-09-15 13:01)
 9/14(金) 東京 《 増上寺 》 (2018-09-14 16:59)
 9/13(木) 《 三重県 四日市 》 (2018-09-13 17:36)
 ≪ デッチーくん、「 重陽の節句 」 をお勉強へ ≫ in らくたび京町家 (2018-09-09 18:07)

Posted by 若村 亮  at 10:50 │Comments(6)らくたび日記

この記事へのコメント
夏のお干菓子は、目にも涼しげで綺麗ですね。お茶の稽古がつづくのは、おいしいお菓子が頂けるからかもしれません。(笑)
Posted by ゆりこ at 2009年06月02日 12:34
ゆりこさん、こんにちは。
京菓子には、とっても季節感がありますね。
なるほど、お茶をたしなんでいると、美味しい季節のお菓子がいただけますよね ( 笑 ) これからもお菓子をいただくために・・・、いやいやお茶のお稽古、頑張ってください。 若村
Posted by 若村 亮若村 亮 at 2009年06月02日 12:58
若村さん、こんばんは。
とても鮮やかな色合いのお菓子で本当に目で楽しませて
頂きました。
長い最中も初めて見ました~♪ 
いや~~~ぜひ、味わってみたいですね。
写真だけでも癒されました。
Posted by aoi at 2009年06月02日 21:14
aoi さん、こんばんは。
そうなんです、とっても夏を感じる爽やかな季節感のある京菓子なんです。
さっき、珍しい長いもなか、オフィスでいただきました。 とっても美味しかったです ( 笑 ) 若村
Posted by 若村 亮若村 亮 at 2009年06月02日 21:19
おはようございます。

季節の干菓子いいですね。
京都の和菓子って季節が
すごく感じられて好きです。

期間限定菓子!!って目にすると
食べたくなりますね (^。^)
Posted by biwako at 2009年06月03日 10:35
biwako さん、こんにちは。
見て食べて、季節感たっぷりの干菓子ですよね。
京菓子は季節限定のものも少なくありませんので、ついつい食べておかないと、また一年・・・ と思ってしまいます ( 笑 ) 若村
Posted by 若村 亮若村 亮 at 2009年06月03日 16:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。