2009年05月27日

詩仙堂

 『 詩仙堂 』

  一乗寺の 『 詩仙堂 』 ( しせんどう ) は、江戸初期の寛永18 ( 1641 ) 年、文人の 石川丈山 ( いしかわじょうざん ) が隠棲のために建立した山荘に始まります。

  建物の一室に 狩野探幽 に描かせた中国の 詩仙三十六人 の肖像に丈山自らが詩を書いて四方の壁に掲げていたことから、いつしか 詩仙堂 と呼ばれるようになりました。

  建物の前には庭園が広がり、まもなく さつき が見頃を迎えるなど、四季折々の美しい花が咲き誇ります。

地図 : 詩仙堂


同じカテゴリー(一乗寺・修学院)の記事画像
円通寺
実相院
詩仙堂
曼殊院
赤山禅院
曼殊院
同じカテゴリー(一乗寺・修学院)の記事
 円通寺 (2011-11-23 12:00)
 実相院 (2011-11-22 12:00)
 詩仙堂 (2011-11-21 12:00)
 曼殊院 (2011-11-20 12:00)
 赤山禅院 (2011-11-19 12:00)
 曼殊院 (2009-11-25 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)一乗寺・修学院

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。