2007年01月13日

寒中の伝統行事

 『 寒中の伝統行事 』

  日野の 法界寺 で行なわれる 寒中の伝統行事 『 裸踊り 』 ( 1月14日 ) は、下帯のみの裸の男達が冷たい井戸水をかぶって身を清め、“ 頂礼、頂礼! ” と叫びながら体を激しくぶつけ踊るという、京都では数少ない勇壮で熱気溢れる行事です。

  『 頂礼 』 ( ちょうらい : 仏教用語 ) とは、仏様に対する最高の敬意を表す礼法 とされています。

  まず両膝を地につけ、続いて両肘 ( ひじ )、頭と地につけ、最後に手と頭で相手の足を頂くように礼拝します。 正しくは 「 頂戴礼拝 」 と言い、別に 「 五体投地 」 とも言います。

『 裸踊り 』  法界寺
   1月14日 19時~


同じカテゴリー(山科・醍醐)の記事画像
山科疏水 ≪ 桜並木 & 菜の花 ≫ 
≪ 毘沙門堂、春爛漫! ≫
醍醐の花見
法界寺
毘沙門堂
勧修寺
同じカテゴリー(山科・醍醐)の記事
 山科疏水 ≪ 桜並木 & 菜の花 ≫  (2017-04-12 23:34)
 ≪ 毘沙門堂、春爛漫! ≫ (2017-04-12 23:29)
 醍醐の花見 (2009-04-06 12:00)
 法界寺 (2009-01-15 12:00)
 毘沙門堂 (2008-11-21 12:00)
 勧修寺 (2008-04-28 12:00)

Posted by 若村 亮  at 12:00 │Comments(0)山科・醍醐

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。